中世史の世界(「ソフィア」の会) 

 ー会の名称の「ソフィア」はギリシャ語のsophia 「知」からとった。Philos(愛)+Sophia(知)=Philosophy=西周は「哲学」と命名したが、原義より「知るは愉しみなり」の気持ちを託して命名したものであるー     
この頁の構成@目次表 A臨地巡見および講演・講話実績表 B目次表の内容 となっている。

  @目次表 

標      題 発信回次 発信日付 あ   ら   ま    し
『保暦間記』第七世代 平成22.3.20より/付:『濫觴抄』『無明抄』併読
「国際言語年」講演会 第十三次 2009-03-01 催行*2008.9.20 板橋エスペラントクラブとの共催
『五大帝王物語』 平成20年12月より学習 第六世代のBとして。
六代勝事記第六世代 付:『五大帝王物語』平成20年1月より
『難太平記』第五世代 付:『政所壁書』・『大内家壁書』併読
佐藤和彦博士逝く 第十二次 2006-06-07 第二信'02-10-14参照。98/11招聘講演/講師
体制変更 第十一次 2006-01-31 R会員(レギュラー)/S会員 (サポーター)制発足
古文書学習部門発足 第十次 2005-07-05
古文書部会準備 第九次 2005-07-05 「賤ヶ嶽合戦由来記」
学習報告 第八次 2005-07-05 「宇治拾遺物語」
『梅松論』第四世代 第七次 2004-08-31 第三世代『相州兵乱記』終了。「とはずがたり」
ポスト『愚管抄』 第六次 2004-05-01 中世日本文学選
準会員制の解散 第五次 2005-12-31 当面正会員のみで。
北国街道 第四次 2003-09-20 臨地・上州姫街道
甲冑着装体験 第三次 2003-08-16 『雑兵物語』
活動状況報告 第二次 2002-10-14 第三世代『相州兵乱記』「愚管抄」
H.Page立上げのコメント 第一次 2002-10-初 会の発足は1993-01-01であるが、ホームページの立ち上げは左の日付前後である。
参考記事:本文には記載なし。H.Page立ち上げまでの活動を簡記した。 ーーーーー 1993.1に本会を発足させた。当初は中世史籍の輪読会が目的であったが、臨地研修にも手をのばして今日尚全国ベースでの活動を続けている。また史籍については基本テキストとして第一世代に「新編武蔵国風土記稿」の建置沿革編を、第二世代として『鎌倉大草紙』を読んだ。

 

  A  下表は臨地巡見と講演・講話の実績である。

回 次 方       面 実施月 分類ファイル 備      考



講話

講話



鎌倉扇谷@
上州世良田庄
鎌倉山内A
講話@
鎌倉雪ノ下B
公開講話A
千葉氏@千葉市内
鎌倉朝夷奈C
足利学校資料
千葉氏A市川
93. 5
93.10
93.11
94. 3
94. 4
94.10
94.10
94.11
95. 2
95. 3
鎌倉臨地
武将城址古戦場
鎌倉臨地
講話・講演関連
鎌倉臨地
講話・講演関連
武将城址古戦場
鎌倉臨地
国史跡・国宝
武将城址古戦場
注所・化粧坂
徳川家発祥?・満徳寺
円覚寺・東慶寺
野澤・禁書聖徳太子五憲法
杉本寺・鶴岡八幡
文化祭;大井15世紀関東情勢
亥鼻城址・加曽利貝塚
金沢文庫・切通し
鑁阿寺
No:13 7月実施

10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
鎌倉十二所D
街道府中
京阪奈宿泊
箱根旧道を歩く
No: 8 cf.
房総国分寺
鎌倉名越他E
上野三碑他
本郷根津界隈
鎌倉大仏他F
千葉氏B佐倉
千葉氏C本土寺
95. 4
95. 5
95. 5
95. 6
95. 7
95.10
95.11
95.11
95.12
96. 2
96. 3
96. 4
鎌倉臨地
街道・宿場
京阪奈・宿泊
街道・宿場

国史跡・国宝
鎌倉臨地
武将城址古戦場
散策臨地
鎌倉臨地

武将城址古戦場
瑞泉寺・釈迦堂切通し
大国魂社・分倍河原古戦場
寺田屋・適塾・飛鳥・新薬師
石畳・権現畑宿・早雲寺
悪天候のため延期したもの
頼朝上陸、猟嶋他・
切通し・切岸・光明寺
雙林寺・白井城・箕輪城址
根津権現
切通し・大仏
ワープロFD不調にて不転写
矢切渡し・過去帳
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
京 都・看板のみ
武蔵西部
鎌倉極楽切通しG
北伊豆
千葉氏D相州村岡
雑司ヶ谷地区
相州長尾郷
歴博と小机城址
三内丸山と南部史
千葉氏E石浜城址
96. 5
96. 6
96. 8
96.10
96.11
96.12
97. 2 
97. 4
97. 5
97. 6
京阪奈・宿泊
街道・宿場
鎌倉臨地
武将城址古戦場
武将城址古戦場
散策臨地
武将城址古戦場
武将城址古戦場
京阪奈・宿泊
武将城址古戦場
篠村・石清水各八幡・長岡京
鉢形城址・和銅遺跡・菅谷城
切通し・遊行寺・極楽寺
韮山・三嶋大社・興国寺城址
玉縄城址・二伝寺・村岡城址
宮崎滔天・自由学園
大船観音・長尾氏発祥
豊嶋氏
前九年役・厨川柵・不来方城
墨堤他・小塚原刑場
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
講話
北武蔵東部
常陸太田城址他
奥の細道 orien.
奥の細道@
鎌倉街道上道@
東京駅近辺
鎌倉街道上道A
品川宿
紀伊熊野を往く
奥の細道A
講話B
97. 7
97. 9
97. 3
97. 3
97.11
97.12
98. 3
98. 4
98. 5
98. 4
98. 6
街道・宿場
武将城址古戦場
奥の細道
奥の細道
鎌倉街道
散策臨地
鎌倉街道
街道・宿場
京阪奈・宿泊
奥の細道
講話・講演関連
平井城址・国済寺
水戸徳川*佐竹氏
関口・深川芭蕉庵
千住〜白河
鎌倉化粧坂
評定所
町田〜府中
土蔵相模・東海禅寺
桑名・青岸渡寺・根来寺
白河〜一ノ関 奥羽路
荒井;二.二六事件
41
42
43
講演
44
45
46
47
48
49
50
関東源氏発祥地
千葉氏F西総史跡
衣笠城址三浦氏
招聘講演@
喜多見氏史跡
千住宿まで
鎌倉街道上道B
奥の細道B
壱岐対馬を往く
毛利庄
奥の細道C
98. 7
98.10
98.11
98.11
98.12
99. 2
99. 3
99. 4
99. 5
99. 9
99.11
武将城址古戦場
武将城址古戦場
武将城址古戦場
講話・講演関連
武将城址古戦場
街道・宿場
鎌倉街道
奥の細道
京阪奈・宿泊
武将城址古戦場
奥の細道
鴻巣
結城城址・関城址
第一次三浦氏
佐藤和彦博士/;悪党とばさらの14世紀
豪徳寺・吉良氏
十思公園・浅草寺・骨ケ原
東村山ー入間御所
山形〜鶴岡 出羽路
安国寺・唐津城
大江氏 宝治合戦関連
上越〜金沢
51
52
53
54
55
56
講演
57
58
59
60
豊嶋氏の史跡@
品川宿まで
鎌倉街道上道C
奥の細道D
南足柄史跡
北九州西部
招聘講演A
奥の細道E
豊嶋氏史跡A
遠州姫街道
北山辺道後半
99.12
00. 2
00. 4
00. 6
00. 7
00.10
00.10
00.11
00.12
00. 7
00.11
武将城址古戦場
街道・宿場
鎌倉街道
奥の細道
武将城址古戦場
京阪奈・宿泊
講話・講演関連
奥の細道
武将城址古戦場
街道・宿場
京阪奈・宿泊
石神井城址他
増上寺・高輪大木戸・東禅寺
女影原ー菅谷原
金沢〜福井
大森氏頼・最乗寺     
吉野ヶ里・鴻爐館・大宰府
池上裕子成蹊大教授;戦国時代の戦争
敦賀〜大垣
平塚城址
引佐峠越え
前半は前年「東京あすか」組
61
62
63
64
65
講話
66
67
68
69
70
鎌倉初歩きH
内藤新宿まで
鎌倉街道上道D
十三湊・浪岡
奥の細道 エピ
講話C
柳生街道・観月
武将*岡崎城址
豊嶋氏史跡B
鎌倉初歩きI
板橋宿まで
01. 1
01. 3
01. 4
01. 4
01. 5
01. 6
01. 9
01.11
01.12
02. 1
02. 3
鎌倉臨地
街道・宿場
鎌倉街道
京阪奈・宿泊
奥の細道
講話・講演関連
京阪奈・宿泊
武将城址古戦場
武将城址古戦場
鎌倉臨地
街道・宿場
天園ハイキングコース
半蔵門・四谷大木戸
嵐山ー生品神社
北畠氏・安東氏
エピローグ 長島-伊賀・大津
鈴木;夏目漱石と経済
円成寺・芳徳寺・太安萬侶墓
岡崎義実; 第二次三浦道寸
江古田・沼袋
源氏山界隈・銭洗い弁天
筋違見附・森川宿・近藤勇墓
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
岩宿遺跡東上州他
壬申の乱の道筋@
隠岐と出雲路
招聘講演B
上杉氏故地南北朝
葛西氏の事跡訪問(1)
鎌倉初歩きJ
甲冑着装体験学習
南品川宿を歩く
壬申の乱の道筋A
02. 4
02. 5
02. 7
02.10
02.11
02. 12
03. 01
03. 02
03. 03
03. 05
国史跡・国宝等
壬申の乱
離島関連
講演・講話関連
京阪奈・宿泊
武将城址古戦場
鎌倉臨地
体  験
宿場・街道
壬申の乱
岩宿・かたかご・金龍寺
大津京・吉野・大宇陀・名張泊
一畑薬師・両国分寺・荒神谷
小林一岳明星大准教;南北朝の戦争と平和
綾部市・洛中・北・島原遊廓
葛西城址・普賢寺・清重塚・
鎌倉アルプス
甲冑着装ー胴丸
南品川宿
伊賀・御在所岳・関ヶ原・垂井
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
北國街道(1)
長篠合戦
及三尾の史跡
北國街道(2)
葛西氏の事績訪問(2)
講話:スポーツと健康
河越夜戦
の跡を訪ねる
高月・滝山
両城址訪る
古河公方・太田
氏史跡
東駿河路をゆく
日暮らしの里
03. 05
03. 06
03. 11
03. 12
03.  9
04. 1
04. 3
04.6
04.10
04.12
街道
古戦場
街道
武将城址古戦場
講話・卓話
武将城址古戦場
武将城址古戦場
武将城址古戦場
武将城址古戦場

本庄・姫街道・善光寺道
秋葉社・設楽が原・桶狭間
一茶旧宅・御舘・馬高遺跡
法泉寺・勢増山遺跡
鶴岡秀雄氏
砂久保稲荷河越舘跡東明寺
八幡八雲神社・滝山城址
浄国寺・岩槻城址・甘棠院
清見寺・善徳寺・長窪城址
道灌山・寛永寺・岩嵜庭園
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
講話・日本神話考察
武田氏と新府城址
江戸朱引内を歩く(1)
延喜式内社を
訪ねる(1)
石和の史跡を訪ねる
稲村ヶ崎渡礁
北武蔵の古城址
江戸朱引内を歩く(2)
武蔵野の残影(1)
武蔵野の残影(2)
04.6
04.5
05.1
05.2
05.3
05.7
05.9
05.10
05.11
05.12
講演・講話
武将城址古戦場
街道
式内社

鎌倉臨地
武将城址古戦場
街道
街道
街道
望月氏
韮崎他
品川ー目黒
鹿島神宮・香取神宮他
田野景徳院・恵林寺・国分寺
稲村ヶ崎・稲瀬川・飢渇畠
五十子城址・鉢形城・多武峰
目黒ー東北沢
高麗郷・三富新田・難波田城址
一橋大・谷保天神・三田氏館址
101
102
103
104
105
106

107
108
109
常陸国風土記
江戸朱引内を歩く(3)
江戸切り絵図の世界
大和路−葛城・飛鳥
陸中・奥州街道の史跡
東京水辺ラインと納涼
引き内(4)
北上州の城砦史跡
赤坂山王から小石川
06.01
06.02
06.03

06.04
06.06
06.08
06.10
06.11
06.12

式内社(2)
街道

切り絵図 
京阪奈宿泊
武将城址古戦場
散策臨地
朱引き
城址
散策臨地
小田城址・筑波山神社・宇宙センター
幡ヶ谷ー落合

本所・深川  鬼平の足あと
葛城山ロープウエイ・高取城址・一言主神社
柳の御所・胆沢城址・遠野市街・宮古・青森

お台場海浜公園ー桜橋・吾妻フラムドール
落合から新桜台
名胡桃城址ー沼田ー大信寺
日枝神社から後楽園
110
111
112
113
114
115
116
117
118
相模國・式内社3
朱引き内(5)
近江路・若狭路
伊勢お木曳き他
インド講演
足柄峠・竹之下
朱引き内(6)
三国峠(1)
江戸切絵図(3)
07.01
07.02
07.03
07.05
07.07
07.09
07.10
07.10
07.12
式内社シリーズ
朱引き
武将城址古戦場
神宮古社ー式内社
招聘講演4th
武将城址古戦場
朱引き
街道
切絵図

板橋区内
竹部島・若狭
式年遷宮・陸曳き
イスラムとヒンズーの相克
足柄峠・竹之下古戦場
北区
高崎ー浦佐ー長岡
日本橋・浅草

119
120
121
122
123
124
125
126
127
128
安房国・式内社4
朱引き内(7)
谷中・根岸
三國街道(2)
府中
紀北路
赤坂・麻布
招聘講演C
江戸切絵図(4)
八王子城址

忘年会
08.01
08.03
08.04
08.05
08.09
08.10
08.10
08.09
08.12
08.11

式内社
朱引き
ーーーー谷中
街道
ーーーー
街道
ーーーー

切り絵図
ーーーー城址


                           │笹口氏│

 │武 氏│


│笹口氏│
木村護カ上智大准教ことばの世界
皇居他
│武 氏│日本橋・いけ増
 
129
130
131
132
133
134
135
式内社(5)上総国
市ヶ谷界隈
京都郊外・日野
納涼・清澄庭園
甲州道中終末点
世田谷荒天・延期
切絵図の世界(5)
忘年会・
09.01
09.03
09.5.13-
09.07
09.10.23-
09.11
09.12
バス
笹口氏
宿泊・大井

バス・宿泊・大井
(武)
大井
丸の内・えん

  B冒頭@の内容ー時系列ー

第十三信  国連「国際言語年」にちなむ講演会の催行  2008.9.20催行
「板橋エスペラントクラブ」との共催スタイルで表題の講演会を催した。講師は木村護郎クリストフ上智大学准教授。地球には6〜7千の言語があるが、今世紀末には半減するだろうというショッキングなはなしや、多言語・多文化との共存を図ろう、という内容だった。
2009.3.1記

第十二信  
2006.6.7  私の課外教師 佐藤和彦博士のご逝去(1937.3-2006.5)
平成18年5月中旬、中世史家故小山靖憲教授(和歌山大学)の追悼フォーラムが和歌山市で行われた。そちらに招待出席された折り、演壇で聴衆に挨拶をされ自席に戻って腰をかけたとたんに心不全をおこして急逝された。享年69歳であられた。'95.6より'02.12まで先生には私的グループ「中世史研究会」で親しく教えて頂いた。朝日カルチャーの受講生有志と「能」の鑑賞同好者たちが中核メンバーであったが、部外者の私も世話してくださる人があり仲間にいれて頂いた。爾来7年半に亘り数多くの古文書を含む史料をふんだんに提供して、史的考察のあり方や研究の手法などなどを懇切にご指導頂いた。その謦咳はとても親しみのもてるトーンでややかすれた声音はまた魅力的でさえあった。東京学芸大学を定年退官されてからは帝京大学に身を置かれ、他に母校早稲田大学をはじめ明治・専修・別府等々の各大学に講師として出講され、朝日カルチャー、淑徳大学エクステンション講座をこなし著述はもちろんとして、研究者仲間の勉強会にもマメに参加していらした模様だ。おまけにお仲間の著作書評や弟子の論文指導など私が知るだけでもチョー多忙の生活を送ってこられた筈である。失礼だが律儀を絵に描いたようなお人柄だから、すべての知り合いに対して丁寧に接しておられた筈である。ご自身の研究をいつされるのか、お尋ねしたことがある。もちろん笑っておられただけだが、おもわず「先生は忙しすぎます。すこしは不義理をする勇気をお持ちにならないと、肝臓を、よりいため(すでに肝機能障害をもっておられた)ますよ」と生意気を申し上げたことがある。いいたいのは、こんなことを私などに云わせるほど距離感を感じさせないお人柄なのであった。 個人的には私の主宰する中世史の勉強サークル「ソフィア」の会の招聘講演会の第一号講師を快諾してくださり、以後2回実施した池上裕子先生・小林一岳両先生へもみずから紹介の労をとって下さった。さらに肝臓が悪くなりはじめた頃だったとおもうが、淑徳講座(たしか初回)のかえりに上板橋のレストランに強引にお付き合い頂き、ふたりで食事をしたことがある。また「中世史研究会」の終講にあたり、そういう状況にあるのを承知しながら、ご自宅へ電話をして強引に新宿までお出まし願って、謝意を表したことがある。本音は講座の継続を懇望したかったのだが、憔悴した先生にお会いしたらそれを言い出す話のいとぐちがなくなってしまった思い出がある。師を呼び出すなんて本来なら失礼千万な話だ。この一件だけでも先生の誠実なお人柄がわかっていただけると思うのである。手許に還暦を迎えられた年(1997.3)に自伝的エッセイを出版された。題して『春昔抄』、芸能の世界に疎い私にはわからないが謡曲「井筒」から採ったとあとがきで触れておられる。先生の人生で出会った人々を大切にする「人となり」はこのあとがきを読むと、他人がとやこう云々することではないと思う。じつにこまやかな気遣いをもって、いかに人間関係を大事にしておられたかが、滲み出ているのである。中世史学界にとって、じつに惜しい方を失ったといえよう。酔いに任せて、「ね〜かずちゃん」と言い寄る私に、なんともいえないはにかみ、いやテレ笑いの表情が鮮明な記憶として残っている。いまはただ、月並みだがやすらかにご冥福をお祈り申しあげる次第である。そして最後に「ほんとうにお疲れさまでした。ゆっくりおやすみください」と申し上げたい。ー合掌ー



第十一信 
 2006.1.31
臨地については'05.12に100回を無事迎えることが出来た。'93.1の発足以来だからまる13年を要したことになる。これも健康に恵まれたお陰だと思っている。新宿三井倶楽部でささやかなお祝いの会を開いた。正直、他の団体等にも関与しており、同様趣向の活動をしているので、年間20回に近い臨地があり、その都度遠隔地を除いて下見があり、企画・旅館・バスの手配・キャンセル対応等旅行社まがいの仕事に加えて、調査、資料収集、レジュメの起稿、印刷、セッティング作業、発送など、さらに本番当日の案内、解説等々多岐に亘る仕事?をこなすことになる。楽しみながら、ライフワークのひとつと思ってやっているので、苦にはならないが、自分で樹てた企画スケジュールに追いまくられるという場面もしばしばあった。会員より旅行社まがいの注文が続き、2003年末に思い切って規模を縮小してスリム化した。解散した理由は臨地は月例学習の付帯行事であるという大前提が崩れ始めたからである。このことは第六信にも書いた。結果的によかつたが、ご他聞にもれず、当会の会員も高齢化がすすみ、この2年間で3人が欠けた。ひとりは死去、ひとりは長期療養入り、ひとりは持病の悪化で退会というわけで、いまなお闘病中の会員が2,3いる状況で、臨地催行に適正規模を欠く懸念が出始めてきた。そのため、あらたにS会員制(サポーター)を導入して、月例会員をR(レギュラー)として、適正規模の維持をはかるべく、本年1月にリニューアル体制を発足させた。当面S会員16名R会員17名の計33人規模て゜の再出発である。世話人制を拡充、役割の分散をはかり、次なる200回にむけての可能性を探っていくことになった。これは臨地に関してのコメントである。月例学習に関しては2月に記事としたい。


 第十信  2005.7.5
「ソフィア」の会の活動は月例学習と古文書学習それに臨地の三本建てとなった。臨地の方だが、1993発足以来実施している臨地研修は95回がおわり7月中に96回目を実施する。目下の目標は今年中に百回の金字塔をうち立てたいと念願している。おそらく実現可能と考えている。



第九信  「古文書部会」の立ち上げ          
2005.7.5.
第八信で触れたが、「賤ヶ岳合戦由来の事」を読み進むうちに古文書に親しむ空気が醸成されたと思っている。。以前は古文書をみるだけで、アレルギーをおこす人もいたが、解読のたのしみともうひとつは近世文書がおおいために、中・近世に触れられる魅力もあるわけで、歴史を学習するには古文書の解読力をつけることが必修との私の説得が功を奏したか'05.4より古文書の学習会をスタートすることができた。ソフィアメンバーが前提だが11人の同好の士が集うこととなった。かつて私が学習したり、友人知己より借用した生資料などを教材としているが、原収蔵者等の立場を顧慮してメンバーにはもちろんこの画面でも内容については触れないことにしたい。


第八信  学習の状況                   
2005.7.5
随分と水があいてしまった。この間ひとりは肝臓でたおれ、ひとりは食道癌で落命された。結句18名である。『梅松論』は順調によみ進み、いまは
中先代の乱がおわり、新田義貞と足利尊氏との会戦のところである。かたや「文学選」は'04.9以降は逐月ー説話文学ー「宇治拾遺物語」「古今著聞集」「沙石集」*ー物語草子ー「貴船の本地」「藤袋の草子」*ー能ー「阿漕」「松風村雨」*ー狂言ー「柑子」と読み進んできた。中世軍記ものに偏らないようにとの配慮から、古典文学に触れることを試みたものだが、結構みんな愉しんで輪読している。



第七信 
 2004.8.31
会員数は20名となった。『梅松論』はまだ序論の部である。文学選は「とはずがたり」「十六夜日記」「東関紀行」「康頼宝物集」「撰集抄」まで読み進んだ。いずれも抄訳出したものである。外に簡単な古文書演習として「賤ヶ嶽合戦由来之事」を輪読中である臨地については番外として5月に
韮崎の新府城址へ、6月には古河公方及び太田道灌の旧蹟を訪ねて岩槻・久喜・関宿等を見学訪問した。



第六信 
 2004.5.1
正会員だけで発足。1名入会あって19名となったが、1名2月に脳梗塞でたおれリハビリ中、4月にまたひとり消化器系で検査入院をしている。
3月で「相州兵乱記」が読了し第四世代テキストとして『梅松論』を、副教材の「愚管抄」も3月に終了したので、ひきつづき『中世日本文学選』を、いずれも4月から開始した。
一方、臨地の方は1月に河越氏の舘跡、3月に滝山城址を実施した。


第五信  2003.12.31
ことしも平穏に終わった。しかし昨年は男性をひとりうしなったが、ことしは女性がひとり鬼籍に入った。事故ではなかったにせよ、仲間をうしなうのは淋しい限りだ。学習面では「相州兵乱記」も
「愚管抄」もあと僅かを残すのみとなった。来年のポスト愚管抄は三祢井書店の『中性日本文学選』にきまった。相州のあとはこれからきめることになる。
  1996.1月に発足した準会員制度はことし一杯で解散することにした。輻輳した内部事情があったからだ。この間ほぼ70回に及ぶイベントを実施してきた。正会員だけでは規模的に実施困難なものも、容易に催すことができた。まさにスケールメリットを享受したといえよう。
来年からは正会員だけの18名のクラブとなるが、濃縮された内容の学習ができるであろうと、期待している。 


第四信  2003.09.20
今年の活動は第三信の追録で6月までの分(77〜82回次)は記録してあるが、それぞれに興味が湧き、思い出深いイベントとなった。本年の計画としてはあと11月に北國街道(2)を長野・黒姫から小林一茶の旧蹟を訪ね、野澤湖経由北國街道(旧街道と18号国道が時折オーバーラツプしながら並進している)を北進して直江津で一泊、翌日は日本海沿岸を東北にすすみ、途中柿崎から内陸部に入って北条(きたじょう)城址を見学して柏崎市内にはいる。椎谷陣屋あとなど見学後東へむかう。長岡こでるが、その前に有名な火焔(深鉢型)土器の出土した馬高遺跡を訪ねる予定である。本会では1999.11に「奥のほそ道」紀行で越後路を訪れており、その節良寛の事跡も見聞した。今回はそれを除いての紀行であり約40名の賑やかな旅だ。12月は中世の武将葛西氏の関連史跡を墨東に訪ねる。これも昨年に続いて2回目である。葛西氏は12世紀から下総・武蔵東部のいわゆる東京低地部で活躍するが、奥州惣奉行としての職務がら東北地区での活動に重心がうつり15世紀早々には殆ど関東地区においては足跡が認められない。いずれは奥州地区にかれらの足音を探ってみたいと思っている。


第三信  2003.08.16現在、テキストは『相州兵乱記』『愚管抄』『雑兵物語』を輪読している。中世文学で最も難解な書物のひとつに数えられる慈円の『愚管抄』は、たしかに難解だが
多くの解説書があるのと、なにより私たちは歴史の展開を解説してる書物として接しているので、、いまのところは抵抗なく読んでるというところだ。ことしになってからの臨地活動は第五信以降に触れるが、愉快だったのは甲冑の着装体験であった。大宮の県立博物館の所蔵品を、史友が肝煎りしてくれて着装の指導までしてくださった。存外に重いもので、今学習している『雑兵物語』を理解する
一助にもなった。ことしの活動状況とこれからの展望については後報することとしたい。


第二信  2002.10.14
      きょう107回目の月例会をした。『相州兵乱記』の巻四「河越夜軍の事」それに『愚管抄』の巻五;治承4年の頼朝挙兵のくだりから、おまけに『雑兵物語』をすこし輪読した。中世史については、これをやろうときめた時は、”中世の文献はそんなにないだろうから”というのが、そもそもの不純な動機であった。いまから考えればドン・キホーテみたいなものだ。
      課外(いや学外か)授業で佐藤和彦先生(日本中世史;東京学芸大学名誉教授・現帝京大学教授)に月一度教わっているが、いまさらながら己を知らぬ事に恥じ入るばかり。しかし佐藤史観にはただただ感心し、専ら高説を拝聴する次第。しかし文献の抜き刷りをよむことも無類に愉しく、講義もこんなに面白いとは。私事ながら年金生活のいま、法律を専攻してビジネスマンをやらず、文学をどうしてやらなかったかとしきりに思う昨今である。
      話をもどす。この「ソフィア」の会は月例学習会では中世にしぼり、臨地では中世に拘らず日本各地を訪ねている。昨年までは5年がかりで、「奥の細道」的紀行をやり、本年よりはこんどは「壬申の乱」紀行シリーズをはじめた。つまり、「奥の細道」は陸奥の近世史であり、ことしからは近畿の古代史シリーズである。                           


第一信                                                        2002-10-上旬
 当会は平成5年(1993)1月に関東地方の中世史を学習する目的で発足した。活動内容は中世史籍の輪読・討議と、外部講師による招聘講演会並びに講話そしてこれが追体験として臨地散策・旅行等を実施している。平成14年10月1日現在月例は107回、臨地は74回、招聘講演会はこの10月に東京芸術劇場中ホールで実施する
 南北朝の戦争と平和 を含め3回、招聘講話が 3回の実績を有する。
 会員は月一回第二月曜日午後の定例月例会(資料代月300円)に参加する正会員と、臨地(都度レジュメ代200円+年会費2000円*バス、宿泊等の場合は実費)のみ参加する準会員とで構成されている。会員の総数は55名である。
 年末は毎年忘年会を実施しており、5周年とか月例100回とか節目の時には、パーティを実施。明年1月は発足10周年を迎えるので、本年12月には記念のパーティを銀座尾張町交差点のサッポロスターホールで催すことになっている。招聘講話・講師の歴代も参加される。(佐藤和彦東京学芸大学名誉教授・池上裕子成蹊大學教授・小林一岳明星大学助教授など)



活動内容等々については、追々本ページに収載する予定である。
詳細についての照会は
               п@03-3938-2789  大井  まで