それぞれの旅行記 
「ソフィア」の会の臨地は『中世史』に掲載中。このページは2007-01-03に作成しました。


黒潮文化圏の源流を探る   2016.10月
 6年ぶりの記事となった。  この旅は古都飛鳥保存財団の企画・クラブツーリズムの催行であった。訪問地は沖縄・与論島・徳之島・奄美大島の四島でいわゆる沖縄・奄美群島である。
2016.10.26-31の期間で参加者は27人と少なかったが、それだけに充実し旅をたのしむことができた。講師は鹿児島大学埋蔵文化財調査センター助教新里(しんざと)貴之氏であった。
筆者はこの財団の企画には概ね参加しているが、一昨年の東北古代遺跡訪問と同じくらい出色の企画であった。財団の旅行は「シルクロード」で韓国からギリシャに到る旅が最初である。筆者も参加したが、強烈な印象はいまも鮮明に記憶している。
  さて、この旅・黒潮とは「透明度が高く、深い藍色であるということから命名された(同旅行レジュメ)。5泊6日の旅を描くには 少々荷が重い。そこで各島における訪問地の印象深い1.2をそれぞれ記したい。なお、今回の旅はいわゆる観光場所は殆ど訪れていない。まず@沖縄。ここでは講師のセミナーと訪問は一か所のみ。斎場御(セイハウタキ)、これは琉球王朝の国家的な祭事か行われてきた聖地とされる。世界遺産である。次いでA与論島・沖縄と同じ隆起珊瑚礁の島である。15世紀初めの与論城址もよかったが、感銘を受けたのは菊 千代さんという高齢の女性が私財を投じてつくつた「与論民俗村(ヤドンジョウ遺跡)だ。鬱蒼とした熱帯ジャングルさながらの様子に縄文時代の遺物が発見されている。」つぎはB徳之島である。かなり大きな島だ。
  ここではカムイヤキ陶器窯跡群、これは偶然発見されたらしく中世の窯がかなり大規模に存在したことが確認されており、これから本格的な発掘がされるのだそうだ。周辺諸島は勿論、本州との交易も行われていたらしい。最後はC奄美大島である。珍しい鶏飯(けいはんー鶏肉出しをお茶漬け風にかけて雑炊状のごはん)を頂き大規模な赤木名城跡(城はグスクと云う)、小湊の集落遺跡であるフワガネク遺跡も見応えがあった。その他生物・人間の流れについて興味深い講義があったが、本講では省略したい。               2016.11.15記







日本エスペラント大会(長崎)
佐世保そして長崎2010.10.8
.〜1110.9〜11に長崎市で日本エスペラント大会があった。それに参加したが、
その途次、岡山県は吉備路・高梁・津山の史跡を訪ね次いで佐世保に
立ち寄り投宿した。岡山は中世史勉強会「「ソフィア」の会の臨地企画旅行
であった。岡山駅で一行と別れて、私は佐世保に向かった。思い起こせば
昭和21年1月27日に中国青島から上陸用舟艇(LST)で引き揚げてきて上陸したのが佐世保港であった。父は技術者として現地居残り、兄は東京遊学中であったので、私と母の二人での上陸であった。港には「りんごの歌」が
流れ、少年たちがなにか一様にたばこの「キャメル」を路上で売っていた。上陸して滞在したところはハウステンボスになっており、引き揚げ援護局のあったところはいま「引き揚げ者記念公園」となっている。そこには上陸名簿があり、日付と舟種、乗船地などが記されており、まさしく該当日に青島からの引き揚げ船上陸の記録があった。いわばセンチメンタルジャーニーであったというべきか。
長崎・吉備路については別項にゆずることとする。   2010.12.15記
 
なまはげとマタギ 
2009.12.31〜
「なまはげ」はご存じ秋田県男鹿半島の民俗伝統行事である。男鹿温泉郷で体験できたが、とても愉快であった。行事の内容は各方面で紹介されているのでこれを省く。またその後打当(うっとう)温泉に移動「マタギの里」へ。元阿仁マタギの柴田氏より講話を聞く。東京からは往復新幹線、移動はバスとローカル鉄道の利用で二泊三日の旅であった。   2010.12.15記

鞆の浦・福山他 
2009.10.18〜21
昨年の志摩・鳥羽とおなじ先輩グループに誘われてお供した。青島中学での一期先輩グループでこれは未・申年生まれにつき、「羊会」とネーミングしている羊会は鞆の浦および「しまなみ海道」であった。私は前日鞆の浦への基点となる福山にはいり@福山城址A福山城博物館B歴史博物館(草戸千軒など)等を見学した。当日は「景勝館 漣亭」に投宿。さきに仙酔島へ渡し船のあと、自転車見学。各氏と夕方落ち合い、宴会。翌朝はバスで「しまなみ海道」へ繰り出した。尾道大橋ー因島大橋を経て@因島水軍城(村上水軍居城)A生口島・耕三寺B大三島・大山祇神社(大楠あり)などを見学。福山駅で別れて、私は明石へ往く。@明石城址A舟上(ふなげ)城址B光明寺C明石天文台など見学した。2010.08.12記

フィリピン旅行    2009.3.20〜27
昨夏の妻恋村とおなじグループであった。つまり青島中学の5年上級生の人たちだ。.この人たちは青島中学の所在する地番魚山路からとって魚山会とネーミングしている。私は成田に前泊して、台湾経由「マニラホテル」に投宿。現地では@マザーテレサ孤児院A華僑墓地B高山右近墓地CココナッツパレスDサンチャゴ要塞Eサンアウグスチン教会F米軍墓地GマゼランクロスH聖ニーニョ教会I道教寺院Jマクタン島KSKYWalk 体験L無人島→帰国の行程であった。
2010.08.12記

志摩・鳥羽紀行2008.10.15〜16 
6月の嬬恋村と同じ同窓先輩より案内役を仰せつかってお供した。こちらのグループは「」羊会」といって私より一期上の昭和6・7年組だ。お引き受けしたのには訳がある。10/11〜13と私の所属するエスペランチストの日本大会が和歌山市でありそれに参加していたこと、そしてそれを享けて私の主宰する「ソフィア」の会の臨地旅行を13〜15日に「紀北路の旅」として催行することを知った先輩からの要請であったこと。もうひとつわけがある。実は私は別項「伊勢地方史」で述べているように三重県津市の出身だが、ここは母方の出であり、父方は鳥羽なのだ。つまり私の原籍は鳥羽だということをかねがね承知している先輩からのお誘いなのであった。やや綱渡り的旅程で忙しいオモイをしたが、それはそれなりに愉しい旅を楽しむことができた。鳥羽は九鬼水軍の本拠地であり、また伊勢神宮の鬼門守護寺である「金剛証寺」が朝熊山(アサマヤマ)にあることとて、まずは案内の第一歩を彼寺にして、内・外宮を参拝して、おかげ横丁を散策して解散した。私は帰郷の途次に津の兄を訪ねたことは云うまでもない。                                 2009.2.28記

嬬恋村(群馬県)      2008.6.26〜28
台湾旅行と同じグループ旅行。即ち私が幼少期を過ごした中国青島の日本人中学校の同窓の先輩が主催する同期会にお供するかたちで旅をした。その名は「魚山会」、中学校が位置した地名である。つまり案内役を仰せつかったわけである。東京駅頭からチャーターバスにて初日は草津湯畑前のホテル「一井」に投宿、翌日浅間山麓の嬬恋村のホテルに投宿した。当地は天明3年(1783)浅間山噴火により火山灰のため村はほぼ全滅した。関東一帯にも多量の火山灰を降らせたあと、深刻な飢饉をもたらしたことで、日本史上有名な災害例として名を残している。ここは関東に住する人はみな承知していることである。私は一行を鬼押し出し園へそして北国街道の脇往還である大笹街道の「大笹関所
跡」へ案内した。                 2009.2..28記

雪の道央旅行  
2008.1.29〜31
兄夫婦を誘って4人で出かけた。私も兄もそれぞれ北海道勤務の経験あり、冬も珍しくはないのだが、なんとなく恒例となった兄弟の旅行をすることになった。目的のひとつは現役時代よく通った札幌大通りの傍にある簡易割烹料理屋を訪ねること、ふたつはジンギスカン鍋を食すること三つ目は樺戸集治監と北海道百年記念館を訪ねることであった。樺戸は冬季休館にて現地まで訪ねたモノの涙をのんだ。おまけにデジカメの電池切れでバッテリーチャージャーの不持参、兄はバッテリーの装填失念で、記録をとれず。なんとも締まらない結末となった。郡上八幡出身の板前のつくる「おじや」が絶品にてこれが食べたくて、旅をしたようなもの。樺戸の悔しい思いもおじやが癒してくれた。2007年には十津川遡行、2006年には米沢他東北の温泉に兄たちと足を運んだ。           2009.2.28記


台湾旅行
2007.11.18〜22
 
しばらく記帳をさぼってしまった。2007年中も国内を含めて10回の旅を重ねた。それぞれに想い出もできたが、台湾は又格別であった。これを書き込んでいる2008-05--04は事実の報告に留め、後日補記していきたい。
 
インド紀行  
2006-11-11〜19
Sent: Monday, November 20, 2006 1:57 PM
Subject: ソフィアーインドから帰国しました。(1)

 11/11〜19インド旅行から昨日無事帰国致しました。
万歩計を現地のどこかでなくしましたので、正確にはわかりませんが、 他の海外旅行 同様毎日2万歩近く歩いていたのではないかと思います。その意味ではみなさんにご心配頂いた3月以来の坐骨神経関連痛は痛風とともにセーフでした。ステッキ・鎮痛剤を用意していったが使用せず。原則として禁酒禁煙の国なので、街にはLiqureShopはついに一軒も見あたらず、町場のレストランではビールだけ。水物、チューブ状・ゲル状・電池類は 一切飛行機への持ち込み禁止のため、ある意味では、肉体的にはとても清潔な(?)旅となりました。添乗員がパック状の焼酎を差し入れてくれたときはまさに甘露!カンロ!でした(これからはぱックでトランクにいれていこう)。
   ハラ八分でなく添乗員のハラ五分命令を守ったせいか下痢もせず、タイチョウは極めて順調です。でも一週間は慎重に処するつもりです。
 
(
インド(2)  2006-11-26記
     帰国してから一週間が経った。胃腸も足モオーライ。帰国の翌々日からエンジンは全開(?)しているが、われながら巡航速度は落ちていると感じる始末。なにもきのうきょうにはじまったことではないが。帰宅途次でも若い人たちに追い抜かれる。でも口では負けないよ。きのうは痛風の降尿酸錠を薬局に貰いに行った。薬剤師の名札がかかっているのを見て、「倫子」とあった。「なんて読むの?」3人いたが「さ〜?」。あなたならナント読む?私はミチコかトモコだと思うが。尤も名前と地理の読みは土人(これをところの人と読む)にきかないとわからないやね。わからずじまいでクスリがでてきたので、問答をやめた。さてインドの話。
飛鳥保存財団という財団が明日香村にある。これは明日香村保存法という法律があって、それに準拠して総理府(現内閣府)と松下・サントリー・近鉄などの関西財界が核になって創立された特殊法人である。高松塚の管理も一任されてやっている。 この財団がプランナーで旅行等の企画を組んでいる。1990年から「飛鳥文化の源流を尋ねて」というテーマのもとにシリーズでそのルートを訪ねている。いままでにことしも含めて14回実施された。
     中東アジアだけ治安に不安があるので中抜きをしてローマまで足を運んだ。今回は副題が「玄奘が夢見た仏陀のふるさと9日間」ということで、北インドのいわゆる仏跡の旅であった。
     毎年、財団で講師をつける。奈文研、橿考研、京阪奈地区の考古学または中世史専攻の大学の先生方などだ。今年は上杉彰紀関大講師が同行してくださった。一昨年竜門石窟を案内してくださった網干善教さんの関大時代の愛弟子で1971年うまれ。10年近くインド仏跡調査に携わった経験あり、ヒンズー語はペラペラ。最初はあまり期待しなかったが、なかなかどうして、立派なものでした。マナー抜群、将来伸びる少壮学者だと感じいった。大部の解説書をモノされて大いに勉強になった。倅より若いこの先生に尊敬の念を以て握手して別れた。網干先生が今年亡くなる直前まで自分のたてた企画だからと、ご自身の渡印に情熱を燃やしておられたそうだが、遂に死期を悟られ「それじゃアレしかいない」と後事を託された格好になったのだそうだ。網干先生は高松塚古墳の発見でしられ、壁画の剥落について随分と慨嘆しておられた。またインドでは祇園精舎の発掘でも名をなしておられ、森浩一同志社大教授が病床にあるいま、考古学では第一人者の地位をもっておられたのに、病魔には勝てず惜しい人を亡くしたの思いで一杯だ。
   さて、旅は成田組と関空組と現地で落ちあい、見知った顔も多くあって和気藹々で旅を楽しんだ。「ソフィア」のみなさんご存知の星見さんもご一緒した。なかにはインドは9回目という81歳の婦人がおられ、今回は網干先生の鎮魂の意味もあった旅であったから、現地での散骨、納骨そしてガンジス河での灯明流し等率先して仕切っておられた。もちろん追っかけ○○○○のひとりである。
   今回も前置きが長くなった。次回(3)からいよいよ旅の始まり。ただ『地球のある
き方』にあるようなことは書けないのであまり期待しないでほしい。


インド(3)二日目(2006-11-12) 2006-12-08記
インド(2)に書いたように釈迦の歩いた足跡を辿る旅である。その遺跡は四大聖地といわれ、ときに八大聖地とも。前者のそれはまず誕生地であるルンビニ、悟りをひらいたブッダガヤー、初めて説法をしたサルナートそして涅槃(入滅)の地であるクシナガラである。このうちルンビニはネパールにある。このほか祇園精舎をはじめとする四大聖地があり、それを合わせて八大聖地としている。私たちはこのうち七ケ所を訪ねた。
   まず初日は移動日でバンコク経由で正味約7時間(時差3.5時間)でデリー着。11月は乾期だが、暑いほどではないが汗ばむ。エレベータは二基あるが、一基は動かず。どうやら動く一基もシンドラー並で、職員が締まりの悪いドアーを力づくで締めて漸く発進。部屋にはいるとゴキブリがいた。荷物は自分で運ぶが廊下でボーイが待機しており、すかさず部屋へ運び込む。かれらは省力もいいところで、ちゃっかりチップ10ルピー(26〜27円ぐらい)は稼いでいく。

2日目。睡眠約4時間で起床。いよいよ旅本番の始まりである。デリー空港からドメスチックでラクナウまで1時間。降りて今度はバスでバルラームプルまで5時間の移動である。そこにはわれわれ日本人におなじみの「祇園精舎」がある。道中現地ガイドがインドの紹介をしてくれた。総員37名で関空組と成田組にわかれて、大型バス2台に分乗したので他車の話は聞けないが大同小異であろう。講師の先生は時折バスを乗り換えて解説をしてくださった。そのガイドのはなしと、先生の話やテキストと小生の印象も交えて、引用のことわりなしに記すこととする。インド人の平均年収は650$というから日本円で7万4,5千円か。ガソリンが46R(インドルピー・以下Rと表記)ー119¥ー自動車はスズキがシェアートップで20万Rだから新車はかれらには高嶺の花か。交通ルールは右ハンドル左側通行だが、信号はデリー市内で数カ所みかけたものの、それ以外は信号機は皆無状態である。人口構成は北インドはアーリア系が多く、そこを逐われた格好になっているネイティブインド人ば南インドに多い。かれら同志はかならずしも精神的には同化しているとは云いにくい。人種としては中間的存在としてモンゴル系(約3%、主に北インドに居住)がいるんだそうだ。言語は方言までいれると172種もあり、18言語が公用語となっているが10億2千万人のうちヒンズー教が82%、回教徒が12%、キリスト教1.5%あとシーク教徒(ターバンを巻く)やユ
ダヤ教徒がわずかという宗門別構成である。教育はどうか?学齢は9歳〜14歳が義務教育で言語はヒンディ語と英語。しかし文盲率は現状4割ぐらいで、圧倒的に60歳以上におおいとか。でも不就学児はこんにちでもかなりいるということで、特に女の子が多いと。つまり女は教育不要という考えが依然根強くあるんだそうだ。このあたりはあとで述べる結婚を含む男女問題等とともに、明治期の日本と考え方が酷似している。就業状況では60%が農業人口の由。カースト制度は憲法上はないが厳然として存在していると。国民の50%は貧困階層で富裕階級は15%にすぎない。カースト階層別にはどうなのかということは聞き漏らした。最高の層であるバラモンや第二の層のクシャトリアがいまも社会を牛耳っているという話である。

インド(4)二日目(2006-11-12)のつづき  2006-12-12記
カメラの電池も機内持ち込みはだめということで、慌ててトランクにしまいこんだため、それかあらぬか二日目の分については「水漏れまたはかなりの湿気によると思われる【乳剤剥離】が見受けられたので返却する」という付箋がついて戻って来た。X線感染か。写真をみながら状況を想いおこして書こうと思ったが、オジャンになってしまった。わずかなメモを頼りに書くことにしよう。

祇園精舎は正式には「祇樹給孤独園精舎」(ぎじゅぎっこどくおんしょうじや)という。デリーの南東約400qにあるラクナウまで空路移動、そこから北東180qの道程をネパール国境方面にむけてバスに揺られて5時間。時速100q超で信号のない道路の真ん中をホーンを鳴らしながら、驀進するのだが、対向車もおなじような勢いで走ってくるものだから、結局平均時速は50qをわりこむのではないか。実際180qを休憩を含めてだが、5時間かけて走るのだから。道路は概ね舗装されているが、ところどころ舗装が破れて地肌が剥き出しになっている。滞在期間中、バスはもうたくさんというほど乗ったが、ほぼどこでもおなじ状況であった。天空は乾期でほこりが舞い上がっているのであろうか、うす茶色に覆われている。中国の黄塵で風がない状態と思えばよい。川は干上がっている。道路の両脇は果てしなく平原が広がる。あちこちで牛や水牛が草を食んでいる。どこへいっても犬が多い。野良犬なのだろう。逆に猫は全くといっていいほどみかけず。鶏もお眼にかかれず。初日なのでご当地だけかと思っていたら、帰国するまで、その状況に変わりはなかった。牛はシバ神の乗り物ということで神聖視されており、ところかまわずのし歩いている。しかし皮膚がやぶれんばかりに骨がつきてでおりまるまると太った肉付きのいい牛は見かけない。水牛はかれらは食用にするそうだ。田園地帯ではさすがに見かけないが、市街地とくに観光スポットでは、物乞いの多さには驚き。これは中国以上だ。しかも身障者が多い。道路の状況や物乞いの状況などからみても、中国の方が経済力はあるなと感じさせたものである。それもそうだ。中国は外貨準備高で日本をぬいたことだし、貧富の差はあるといっても国力はインドに勝っているとみてよい。しかしこと I T産業に関してはバンガロールは世界に冠たる地位を保持しているし、2桁の掛け算算や英語力は日本は異論があるにしても適わない。   第一デリー大学の理工コースは超難関中の難関と聞く。デリー大学に不合格でも、その青年たちがマサチューセッツ工科大学(アメリカ。略称MIT)なら、楽勝ということらしい。それだけインドの頭脳はスゴイらしい。2008年に他事だが、エスペラントのアジア大会が、バンガロールで催される。いまからそれを楽しみにしている。

   話を戻して祇園精舎へは5時間バスに揺られて、サヘートという町に着いた。サヘートは旧名ジェータヴァナという地名で、この漢訳が上記の「祇樹給孤独園精舎」なのだ。古代都市シュラーヴァスティの太子ジェータと同地出身の大富豪とが共同して釈迦に寄進して滞在して貰った場所である。約10haというから、坪に換算すると、約3万坪相当である。ついでながら釈迦とは古代インドの一種族で、釈尊はこの釈迦族(梵語S^akya)に属していた。釈迦牟尼ともよばれるが、歴史辞典などではゴータマ=シッダルタとして紹介されている。生没年は諸説あり、BC565?〜BC486?かと。北インドのカピラ王国の王子として出生。29歳で出家、35歳で解脱、仏教を開いた。80歳ぐらいで入滅している。祇園精舎は19世紀後半に発掘され、関西大学は1986〜89年に網干教授の指導で、北西隅に沐浴場を発掘して発見している。いまのところ釈迦の滞在した遺構はまだ発見、比定されていない。この精舎は13世紀ぐらいまで機能した模様である。平家物語のかの有名な「祇園精舎の鐘の音、諸行無常の響きあり」はいったいどの辺であったろうなと、感懐をもって整備された敷地内を歩いた。巡礼のひとたちがひきもきらず、一隅では行をしている僧侶たちが点在していた。網干教授の遺骨を携えてきたご子息がその沐浴場の淵で散骨・焼香し、同行者も合掌して冥福を祈った。この日はあと近くの舎衛城を夜陰のなかを懐中電灯を照らして見学、現地(バルラームプル)に宿泊した。


インド(5)三日目(2006-11-13) 2006-12-16記
     きょうの行程は釈迦の誕生地(四大聖地)を訪ねる旅だ。総体にインド人の顔はきびしい。惟うにネイティブインディアンとアーリヤ人との混血だから、いわゆる欧州人の血がまじってるからか。それともきびしい気候風土に晒されてきたせいか、眉間に皺を寄せている。日本人的表現をするなら気むずかしい感じだ。したがって一般論として行き交う人々に微笑みの表情は見られなかった。
    午前4時にモーニングコール5時半に宿をでる。釈迦の誕生地ネパールのルンビニへ向かう。11時近くに国境へ着いたが、通関したのは13時15分であった。ルンビニまでの道中村境には道路をバーで閉じており、その都度通行料?というか関銭というか、かねを払っている。だいたい200ルピー程度(¥5〜600)の由。バスはテロ対策なのかどうかわからんが、客席とは往来はできるが100%遮断する風防ガラスで間仕切りがしてある。    そしてかならず補助者が乗っている。その補助者が、方向指示器の役を果たし、警笛を鳴らし、通行税?をはらうというかすべての業務の補助を行っている。運転手は客席からみていると怖くなるくらい、ボンボン飛ばす。その間助手は必死になって警笛をならしているが、往来は実に警笛で賑やかだ。この点は中国もおなじ。違いは中国人の話し声はオクターヴがたかい。インド人も低い方ではないが、中国人ほどではない。羊や牛や犬の横断あり、ときに人間さまも本当に上手に雑踏のなかでも横断している。こんにち日本の都会でも信号のルールを守らない人が増えてきた。日本人のマナーも悪いが、アジア系の人たちが多く渡来してきているので、かれらがその意識だからそれがだんだん日本の若者に伝播していったのではないかと思っている。電車のなかでも、平気で食事(多くはパンだが)をしている連中が増えた。男も女もだ。嗜みがなくなったなと嘆くのはひとり私だけだろうか。

ー閑話休題ー

    ネパールとインドとの関係は昨今はかならずしもよくないらしい。とくに最近は被用者となっているネパール人の犯罪が多くなってきており、インドの上層階級がかれらを雇わなくなってきているらしい。ガイドがいくつか具体的な犯罪事例を挙げていたが、ここでは省略する。しかし人々は実に精力的に往来している。通関当局にはわれわれは直接行かないからしらないが、やはりあれやこれやと質問されるらしい。ま、ここは1時間半ぐらいで、入れたがフィンランドからロシアにはいるときは、3時間かかっている。しかし経験しているうちではイスラエルからヨルダンにはいるときが、もっとも厳しかった。まさにアラブとユダヤの関係を思い知らされた一幕であった。
    ネパールに入ってやがて昼食場所に着く。日本の法華クラブが経営するホッケホテルで昼食を摂る。実体は現地人の経営だと思う。ルンビニーは19世紀末に発見された遺跡だ。7世紀に玄奘(602-664)が訪れているが、ここが誕生の地として特定されていなかったとみえ、すでに荒廃し住まう人もごくわずかであった模様。現在はBC3世紀にインド統一国家マウルヤ朝の第三代の王として君臨し、仏教のあつい庇護者でもあったアショーカ王の王柱のそばに誕生の地として保存する立派な建物が建っている。私たちはそのなかに入って産湯をつかったのは「ここ」と表記された遺跡を見学した。中国西安郊外の兵馬俑博物館同様発掘したときの状態がそのまま保存しているといった感じだった。


インド(6)四日目(2006-11-14)          2006-12-20記
    昨晩はルンビニからクシーナガルへ4時間の道程を途中大型トレーラーがタイヤがパンクしたとかで、道の真ん中で立ち往生、タイヤ交換に手間取り結局ホテルまで6時間かかった。20時到着予定が22時を過ぎていた。道中、ガイドがいろいろ気をつかうが、じっと待つよりしょうがない。そこで車中でかれの話。地名に「プル」とあるはヒンディ語で「まち」、「バード」はイスラム教の町であると。また「ガンジ」はアラビア語で町を意味すると。プルはトルコのイスタンプルになじみがあり、私はpolis(都市)からきているとかねがね思っている。
    豚はきたないものだからイスラム教徒や回教徒は食べない。牛はシバの神の乗り物だから神聖なんだ。だから食べない。だけど水牛は悪人だから食べる、と。なんだか訳のわからん話。道中野生のニールガイ(青い牛の意)があちこちで、草をはんでいた。窓外には一面豆畑が延々と続く。きょうは故ネール首相の誕生日とかで、学校は子どもの日で休みなんだそうだ。クシーナガルは釈迦の涅槃の地だ。つまり入滅した地だが、そこに白亜の聖堂が建っている。それがまた築地の本願寺にそっくり。すぐ気がついたが本願寺が聖堂のマネ??をしたのではないかと思った。いわゆる涅槃堂があり、おなじみの涅槃像が安置されている。
    堂のなかにはいって拝礼(右回り)をすませ、整備された苑地を散策していると、なにやら楽隊まじりで、集団の参拝者がやってきた。じつににぎやか。しかし妙にリズミカルだ。聞けば仏教新派なんだそうだ。国内にはいまは圧倒的にヒンズー教徒が多い。それだけにいろんなかたちで示威行動が必要なのだろう。これら聖地にはスリランカからの巡礼団を随所に見かけた。欧州人が日中韓人の見分けがつかないようだが、私たちもバキスタン・
インド・スリランカの人たちの見分けがつかない。
    涅槃仏は5世紀から8世紀頃にかけて、北インドから西イント、中央アジアにおいて広く造像された。信仰の対象となっていったのはこの頃からだという(上杉・ガイドブック所収)。このあと2カ所ほど見学して、インドシルクの工場見学。工場といっても町の手工業といった感じ。ねらいはそのうしろに控える製品販売所である。日本人は実に買い物が好き。行商人にしても群がってくるのはまず日本人がターゲットになっている。こんな話がある。実話だ。ある欧州人がウインドーショッピングをしていたら、同行の現地ガイドが、その商品を奨めた。その婦人応えて曰く「わたしは日本人ほど馬鹿じゃない(すぐ土産店に駆け込み争ってモノを買い込む、ということの皮肉か)!!」と。もって銘すべしか。陳列棚をひと眺めして前庭で待機中に、職人がわれわれの気をひいて、もう一度工場を見学せよと手招きするのにつられて、はいってみると刺繍用の残り糸を寄越してプレゼントする素振りだ。なにげなし手にうけとめると、とっさにチップを要求された。惟うにかれらはシルク販売店にやとわれた、さくら職人ではないかと疑いたくなるような光景だった。博物館などでもグループから離れて展示品にみいっていると、すぐに人がよってくる。そしてこれがどうだ、アレがどうだと。講師の説明よりお粗末なことを片言の英語でしゃべる。キャプションボードにでている説明をみればわかるのに。頓着なしにしゃべったあげく、手を出す。つまり案内したんだからチップを出せといわんばかり。
    ようするに彼らは館の職員ではないのだ。だいたいどこの公的施設も職員はユニホームを着ていないので、職員かそのての人間かみわけがつかない。ガードマンだけはユニホームを来ている。子どもの物乞いもすさまじい。日本人以外の外国人にはまといつかない。しまいには泣き落とし戦術にはいる。みていると日本人はアメとかキャンディを目の前の子どもたちにやると、どこでみているのかまさに雲霞のごとく子どもたちが群集してくる。おもいおこせば、終戦間がないころ米軍ジープが通りかかると、ものねだりの子どもたちが群がっていた。それを重ね合わせて、妙な気分になったものだ。   


インド(7) 五日目(2006-11-15)         2006-12-28記
    4時すぎに起こされて、1時間後にガンジス川に向かう。昨日は旅程中唯一ゆとりのある行程で日没前にベナレスのホテルに着いている。からだも慣れてきて、早朝でも苦にならない。ガンジス河へ沐浴見学(?)に行くためだ。つまりアサメシ前のスケジュールというわけ。沐浴は日の出前のほうがご利益がある?とかで、私たちも暗がりのなかを手こぎ舟に乗り込む。沐浴の風景は、私たちが写真や映像でよく観るあの風景だ。水の濁りは長江や黄河ほどではないが、まずはよく似たものだ。写真はOKだが、亡骸を焼いているところは近づいて撮るのはご法度。当たり前。だが同行の士のなかにも無神経なのはいる。現地ガイドが遠慮がちにたしなめるが聞かばこそ。こういうひとたちとは、付き合いたくないですね。自分では気づかないことで、逆に自分自身が顰蹙をかっていることもあるかも知れないから、ひとには注意しにくいですけど。かつて同行の女性が、フィルムを取りあげられたことがある。でも彼女のアピールにだれも同調しなかったことがある。
    まあ、沐浴風景は、多くは描写しないがやはり独特の雰囲気であった。当然だが、火葬の遺灰は川へ流す。そこから50mも離れていないところで、沐浴をしている。当然口漱ぎをしている人もいる。不謹慎な言い方だが、私たちの生活感覚からするとやはり異様と云わざるを得ない。しかしご当地ではヒンズー教や仏教徒は火葬にする。これは川の流れで遺灰が清められて転生するという信仰なのだそうだ。
    かたやイスラム教は復活の思想があり、復活をするには肉体が必要なので土葬をするのだと。沐浴の場所はインド全土に12ヶ所あるが、このベナレスが最大級の聖地になっている。上陸後夜も明けて映画「ペペルモコ」で観たような、そうカスバのような迷路小路を10数分歩きやっと喧騒な街(衢か)に出る。途中狭い路地を行くにも牛サマのお通りがある。足下をみないとこれまたたいへん。それから市内観光にはいる。
    ベナレスというのはヒンズー教の大聖地だ。やがて「ゴールド寺院」に着く。物々しい警戒で聞けば所持品を全部預けろという。ボールペンも駄目。どうやら宗教上の抗争が理由らしい。結局近くからその寺院を眺めるだけ。ついで「バーラト・マーター」なる寺院へ。脇の銘板に「INDIAN MOTHER」とある。エスペラント語をやってる私はすぐ納得。エスペラントでインドのことをバラート(Barato=Hindio)と呼ぶ。そしてマーターはMotherに通じる
し、ドイツ語のMutter(ムッター)にも通じる、と妙に納得した。ここは宗教施設らしきものはなく、建物の中はインド全図をジオラマ風に眺めるだけ。一旦ホテルに戻って昼食後、釈迦が初めて説法をしたと伝えるサルナートへ赴く。つまり日本でいう「初転法輪」の地である。ここもアショーカ王の影響が色濃く残っている。「鹿野苑」と通称している由。いわゆるメモリアルホールがあり、その外壁にはきれいな幾何学模様の彫り込みがあった。
旅はいよいよ後半にはいる。             


インド(8)六日目(2006-11-16) 2006-12-31記
    きょうは釈迦が悟りを開いた土地ブッダ・ガヤーへ行く。250kmで7時間半。そこに釈迦が悟り(降魔成道)を開いた大菩提寺がある(マハーボディー寺)。境内の前を流れるニレンゲ川をバックに遠景の前正覚山をいれて記念撮影をする。川をやや南に下ったところに橋が架かっており、対岸にスジャータ村がある。正覚とは悟りを開くことを云うが、釈迦はこの前正覚山にこもり6年間の修行をしている。やがて山をおりて大菩提寺の菩提樹の樹下で悟りを開いたのだ。山をおりてスジャータ村をとおりかかったとき村人から乳の喜捨を受けている。コーヒーにいれるミルクにスジャータという商品がある。日本のメーカーはこの逸話にヒントを得てネーミングしたのであろう。ところで菩提寺には玄奘も当然訪れており、「菩提樹の東に精舎があり、高さ160〜170尺、表面には青い瓦を張り、金銀彫刻を飾り立て、真珠や宝玉を埋め込んでいた」と伝えている。この精舎はもともとアショーカ王によって創建されたよし。苑地では大勢が戸板状の板を敷いていわゆる五体投地の礼拝をしていた。昼食は車内でランチボックスを摂る。運動不足もてつだってか、みんな食が進まない。車外には村人たちが、群がっている。現地ガイド氏のゆるしを得てかれらに施す。

    まもなく生理現象なり。ここには、申し訳程度に囲った青空トイレがあった。おじさんがいて10ルピー(27円程度)。アジア各地を訪れたことのある人は容易に想像がつくはずだ。同行の人たちは、男も女もアジア旅行初経験者はいないとみえて、慣れたもの。7時間も8時間も車に揺られていると、催さないほうがおかしい。従って走行道中でしかるべき場所にくれば、トイレ休憩をとる。男は左、女は右というようにして、それぞれ茂みのなかに入っていくのである。中国もそうだし、ウズベキスタンもそうだった。シベリア地方もややそれにちかい。困るのはたまさか陶器の便器など設備してあるところへいくことがある。空港のトイ
レもそうだが問題はそれらの位置だ。小生のような短躯短足には背伸びしてもとどかない。それこそ踏み台がほしい。これはヨーロッパでもおなじ。クサイはなしはこのへんでよそう。

    大菩提寺をあとにして、まもなく印度山日本寺へ立ち寄る。ここは日本から僧侶が交替で赴任してきており、私たちが訪れたときは大和薬師寺より派遣された僧が応接してくださった。この寺に前出の故網干先生の分骨を納骨供養していただく。網干先生はもともと僧侶であり、僧籍を得られてから関大で考古学を修した方であったので戒名もそれとわかる法号であった。

七日目(2006-11-17)  2006-12-31記
    相変わらず朝がはやい。5時半に朝食をして一時間後には出発。目的地はラージギル(王の峯)。釈迦がバラモン教の桎梏から逃れて故郷を離れて最初に向かった土地である。当地は釈迦の生きた時代(BC6〜5世紀)にはマガダ国の都があったところで、地形としては丘陵に囲まれた環境で王舎城と呼ばれていた。のちにはアショーカ王の居城にもなったところである。悟りを開いたのち釈迦はここに竹林精舎を寄進され、前出の祇園精舎の地とともに長く滞在した土地として知られる。城門にむかって文武百官(?)が馬車で往来したと思われる石に刻み込まれた轍の跡が生々しく残っている。ローマのアッシジ街道であったか、やはり轍のあとがあった。ただしローマのそれは戦車であったかもしれない。
    このあとリフトで霊鷲山にのぼり、くだりは徒歩、道は石段の坂道なので足下を気にしながらの下山である。途中、ほぼ5m間隔くらいに物乞いがいる。情をころして下りていく。旅はこれからパトナ空港にでてドメスチックでデリーに戻ることになるが、途中7世紀に玄奘が仏教を修めたというナーランダーの町に立ち寄る。ラージギルの北11km にある大仏教僧院遺跡がある。19世紀の発掘では5世紀以前のものは発見されておらないが、仏教あるいは仏教学の中心地として発展した地であり、多くの高僧を輩出して、ナーランダーの名はネパールやチベットにまで聞こえていたという。しかし下述の事情等で衰頽していくこと
となる。私たちは広大な敷地に学寮を具えた大僧院跡を見学してパトナ空港へと向かった。
   「そもそも仏教は5世紀頃からヒンドゥ教の興隆により次第にその信仰が失われつつあったが、12世紀から13世紀の前半にかけて、デリーに王朝を建てたムスリム(イスラーム教徒)勢力の軍勢が北インドを蹂躙し、ナーランダーも壊滅的な打撃を蒙り、その名を歴史の舞台から消すこととなった」(案内講師の関大上杉講師の『携行資料』より)。
    パトナの離陸が21時50分、フライト2時間でデリーのホテルの部屋に入ったのが0時50分であった。


インド(9)最終回八日目(2006-11-18) 2006-12-31記 2007-01-01発信
    最終日となった。モーニングコール4時半につき4時には目覚める。前夜の就寝が
2時頃だったので、文字通りうたた寝だ。荷物をだして5時に出発、1時間かけてデリー駅へ。インドの新幹線と通称しているシャダプティExpressに乗車、車窓より風景を楽しみながらアーグラーの駅に着く。
    目標はアーグーラー城址タージ・マハールだ。いったいインドという國は仏教のうえに覆い被さるようにヒンズー教とイスラム教の文化が混交して存在している感じだ。現にガンジス川(インド諸語でガンガー川)の沐浴で有名なベナレス(旧名ヴァーラナシー)の街などは古くは前6世紀頃に栄えた十六大国のうちの一つカーシー国の都であるとともに、ヒンズー教と仏教の聖地であったという。
    これから往くアーグラーなどは13世紀以降のイスラム勢力の活動の軌跡が随所にあり、建築物等はデリーのやはりイスラム建築同様、今日までその偉容を残している。特にモンゴル人の帝国を意味するムガール帝国(1526〜1858)時代の建築物はおおくの文化的遺産を残している。アーグラー城は三代アクバルの建築であり、有名なタージ・マハールは第五代シャー・ジャハーンの妃のために建てられたことはあまりにも有名だ。いずれもイスラム建築として世界遺産にふさわしい建築物である。戦前の少年雑誌かなにかで見て、インドにはこんなきれいなたてものがあるんだナ、と妙に記憶に残ったものだ。

    私たちの旅はここで終わった。およそ海外旅行はハードなスケジュールが多い。今回もその例にもれない。むしろ最もハードな旅の一つであったといってもいいぐらいだ。

    インドの公用語は18、学校ではヒンズー語と英語を必修にしていると。国土をみていると、英語の必修というのは経済的理由以外のなにものでもないなと思った。北インドと南インドとの人心・風土の違い(という)、そして世界に冠たるIT産業があるとおもうとほぼ対極的にカースト制度が厳然と法のそとに存在するという事実、仏教とヒンズー教とイスラム教が混在して民衆生活のなかに息づいていること、そのさらにこの國の人たちの源流としてインダス文明があり、釈迦の國であるという歴史的現実を惟うと、なぜかわがニッポンが東洋の小国と映ずるのであった。
    しかし、なぜか心に遺る旅であった。中国ほど街の喧騒感はないが、また決して清潔とはいえない街頭や、貧者の攻勢にはやや閉口したものの、世にいうリピーターになりそうな感じがする。一部のひとから食事のことや、風俗衣装等民俗のことなどについてお尋ねがあったが、満足していただけるような答えができなかった。植物に弱い筆者のことゆえ、散文的表現に終始せざるをえなかったことを、お詫びして筆をおきたい。

  長駄文をお読みいただきありがとうございました。    ーおわりー
                                2007-01-01 大井   眸
 






大井眸(Koki-Bo)のホームページ