もうひとつの歴史の世界 
                                             平成21年4月9日 甫 

職場OB会との交流
  退職後の居住地によって区域グループ分けをしており私たちは東京は板橋区・豊島区・練馬区の在住者で城北グループを組成している。2009年より組織改編があり、約50名弱が残留して新会員となった。親睦行事の一環として史跡巡りをしており、これもまた私のほうにお鉢が廻ってきている次第。1992年(平成4年)このかた年1〜2回のペースで催行してきている。平均年齢は70歳超のため参加者は多くないが、本年4月で19回を迎えた。
1】JR東日本関連「大人の休日」ガイド ー平成19年10月より同21年3月までー
  主に都内及び近郊の史跡散歩であった。そのツァーガイドを仰せつかった。あまり本格的な史跡散策ではなく、参加者のムードとしては、いわゆる散歩の途次に見物といった、どちらかといえば散歩兼食事を主体的に楽しむといった雰囲気であった。ご他聞にもれず、後期高齢者と覚しき人たちの参加が多かったように思われる。
  道中では時折他のグループともすれ違うこともあったが、大同小異の構成であったようにおもう。ウイークデーの催行なので、当然と言えば当然。男女比はやはり女性が多い。男性は単身参加が圧倒的で女性は単身組と仲間連れと半々ぐらい。平均速度は600〜700m10分といったところか。時速にして4km程度、徒歩行程は6kmぐらいに抑えてほしいという事務局の要請であった。
  講師(ガイド)と参加者との散策解説以外の接触は殆どその機会はなかった。互いの名前もわからず、ましてどこから参加したかもわからない。添乗員と称するサポーターは名簿等をもっているが、講師はただ案内た゜けといった、コミュニケーションの取りにくいシゴトではあった。企画の問題もあろうが不催行も結構あった。大組織で社会人として育った私としては、JR正確にいえば鰍ムゅうトラベルサービスとの関係は役務提供に関する書面の取り交わしは一切なかった。就業時も解業時もである。なんとも不思議な人の使い方もあるもんだと妙に感心したことである。 
  本項は既に従事していないので、これでおわるが、主な実績を記して項を閉じる。
@江戸四宿シリーズA江戸の朱引き域を歩くB川越道中を往く など全15回であった。
 



トップページへもどる