◆社会現象やメディアに対する感想・問題提起◆
ーsinjoro KOKI-J^I の侏儒発言ー

これまでに書いてきたことがらのリスト
コンプライアンスって?'02.10/大学の授業参観'02.11/教育制度について'02.11/犯罪容疑者の処遇について'03.1/長い裁判'03.4/少女監禁事件の判決について'03.7/役人のうそと民間のうそ'03.7/教員の人気投票'03.7/教育基本法の改正問題について'03.8/NGO拘束について'03.8/自動車の紫外線除け(?)スクりーン'03.9/早大「スーパーフリー」事件に思う'03.9/映画「クジラ島の少女」を観て'03.10/富士山のゴミはまずなくならない'03.10/NHKよお前もか'03.10/都・区の名誉昇給のこと'03.12/不在者投票の無効処理について'03.12/子は親を選べない'04.1/尊属殺人だけでよいのか'04.2/イラク人質解放に思う'04.4/年金未納問題について'04.5/ローティーンの犯罪に惟う'04.6/人間は崇高な精神の持ち主か'04.8/外来語を考える'04.8/私の悩み'05.7/昨今の世相'06.1/殺人犯が人権を問疑する'06.6/またも子殺しーああ!'06.7/モラルハラスメント'06.8/教育基本法の改正に惟う'06.12/卑属殺人罪を設けよ'09.06/教育の価値とは?強姦事件に惟う'09.6最高学府??'09.6/民主党さん'10.5/NHKは民放か'10.6/おさなごの命と超高齢者のイノチー親族殺人罪を設けよ'10.8/再び、民主党さん


再び民主党さん
民主党丸が代表戦選で揺れている。いままで鳩山前総理にはクリーンな感じをもっていたが、5月の沖縄問題で失脚後の動きをみていると、どうも信頼のおけない政治家という感じが強くなった。カレは母堂からの政治資金献金問題にからみ、国民を
嘗めた(としか言いようがない。)発言が続いた。そして就任来沖縄普天間基地問題で、ダッチロール発言がつづき、挙げ句地元にもあろうことか米国にも愛想をつかされた。5月退任時には引退を示唆する発言があったにもかかわらず、いままた再登場を画策している節がある。代表選については、菅総理を支持するといった、其の翌朝には小沢支持にスイッチした。こういった一連の鳩山氏の動きをみていると、
国民を愚弄しているとしか言いようがない。換言すれば、かれは衆愚政治家だ。
菅総理の迷走は自民党時代の付けをはらわされ、また鳩山の後塵を払うのに忙しい、からこそとみたい。小沢氏が代表に立候補した。衆目のみるところカレが勝つかもしれない。そのときは民主党さん、さよならの時代がやってくるかもしれない。
                               2010.8.28記

おさなごの命と超高齢者のイノチ
この7月から8月にかけてなんとも理解しがたいというか不思議な現象がおきている。大阪市西区の幼児二人の育児放棄による殺人事件、これは不作為による殺人事件だ。別件だが、熱湯シャワーをかけたり、段ボール函にいれて、ろくに食事もあたえず、死に至らしめるなどまことにおぞましい事件がつづく。一方では凶器をもって、家宅に忍び込み家人を殺しておきながら、「殺すつもりはなかった」と平然とうそぶく風潮、また社会でもそのような表現が許されるといったムードがあるのではないか。メディアも報道の限界を考えて貰いたいものだ。警察や検察も「未必の故意」として、このような言い訳がまかり通る世の中をなくすべきだ。司法は「・・・はなかった」と被疑者がいえば、其の反証を挙げねばならないだろう。弁護人は合法的な時間稼ぎになるはずだ。100歳以上の超高齢者の生存が確認できていない自治体が全国ベースで多くあるという報道が流れている。幼児虐待問題を所管する児童相談所や福祉事務所の対応の悪さはきのうきょうに始まらない。30年以上前に死亡していたり、当人の息女たちが消息について関知していない、といったなんとも理解しにくい現象、いや事件といってもいいだろう。これは犯罪だ。前述の幼児虐待問題に関する所管行政当局の釈明と同工異曲の記者会見のコメントだ。法整備の問題もあるだろうが、この間社会保険料や税金の垂れ流し現象が起きているはずだ。しかしことは金だけの問題より、イノチ
を、しかも幼児も超高齢者も抗拒能力のない弱者だ。そういったひとたちの命が、あろうことに、肉親の手で葬られていくというなんともやりきれない社会現象に憤りを感ずるのである。私は昨年9月の本欄で「卑属殺人罪」を設けよと書いた。私は此を撤回しあらためて「親族殺人罪」を設けよ、と叫びたい。2010.8.12記







NHKは民放か
いわゆる番組コマーシャルがしつこく、うるさい。広報当局はそれが目的?つまりうるさがられる、のが目的か。しかも民放なみに音量をあげている。経営意識をもつことは必要だし、歓迎するが、実にうるさい。そのときにはスイッチを切る聴視者もいるということは計算にはいっているのかな。ワールドカップがはじまると、午後7時のトップニュースで延々10分もやるなんてのは、スポーツ紙と変わりがない(6.20の場合)。自動振替制度ができたとき私は即座に加入したが、一連の不祥事があったときに、自振りを解約していまは毎月都度払込をしている。相変わらず、自振り依頼書は毎月封入されているが。上層部は身近な人の声は耳に入らないのであろうか。いずれにせよ、親方日の丸であることには変わりはない。民主党も金銭効率のみをあげつらうのでなく、聴視料といういわば準税金をつかっている事業体の経営方針にまでクビを突っ込んで状況把握をしてほしいものだ。政治家は忙しくて、TVを視ているひまがない、とはいわせない。議場における質疑は100%TVを意識した発言だ。      '10.6.20記


民主党さん!
出処進退という言葉をご存じでしょうね。鳩山さんも、小沢さんももう一度出直しされてはいかがでしょう。参院選挙は危ないんじゃないですか。ただ、
自民党さんが受け皿になるとはちょっと考えにくい。自民党の対民主党の攻撃手法はかつての野党が政権党である自民党に対してやった手法とあまり変わりありませんね。敵失をあげつらうのでなく、国民が瞠目するような攻略を考えてほしいものです。子どもの虐待が続発しています。少子化担当大臣さんの所管ではないのかしらね。小渕さんもいわなかったし、福島さんもなにもいいませんね。政治の問題は沖縄だけの問題ではないはず。それとも厚生労働省の所管なのかね。いずれにせよ鳩山内閣は人づくりを標榜(いのち)したはず。殺人罪の時効の問題にしても国民が声をあげなければ不作為のままではなかったか。民主党さんよ、しっかりせい!といいたい。'10.5.17


死語となった?「最高学府」
私が大学に入った1951年頃は地方の進学校であっても、高卒で就職するものが2.3割はいた。企業側も優先して採用した。旧制中学や女学校に難易度は別として選抜試験を受けて入学をしたわけで、教員も「きみたちはもう大人だ」と云って12歳の少年に自覚を促した。いまほど大学の数もなかったが、ひとつは専攻学科の英文頭文字のローマ字の襟章
をつけて、角帽を被るのがあこがれでもあった。もちろん逆にいえば一般社会人からすれば、どこの大学の何学部の学生であるかが一目でわかるのでそれなりに自覚があった。
いまは推薦入学が増え、自由闊達もいいがモラルの低下も目に付く。3月3日の読売新聞夕刊の記事をみて驚いた。「学生に『常識』も指導」とある。


これが教育者の候補者か。姦淫も教育か
ことしの2月5日に京都教育大学の学生たちが輪姦事件を起こした。準強姦とあるが中身がわからないのでそれには触れない。この大学は師範学校から大学成りした国立大学と云うことを知って2度びっくり、部屋の外で見張り役を務めた学生が卒業して中学に勤務していた事実、大学は父兄に「公然わいせつ」と説明していたこと、などなどどうもやりきれないニュースだ。大学は学生を退学処分に付したとは聞かない。大学の対応自体問題だ。警察はどうか?4/4に告訴をうけて逮捕したのが6/1だ。すべてがスローモーション映画をみてる感じだ。教育者はあらゆる職業のうちで、最も崇高な天職だと私は理解している。その教育者を育てる人また崇高な人柄の持ち主であると想定したい。私はかねがね教育の重要性を痛感している者として、ほんとうに座視するに忍びない気持ちだ。このような教育行政者や学生は教育界にはいてもらいたくない。関係者であれば退陣要求するところだ。「最高学府で人格の陶冶にこれ努めよ」というのがつい半世紀前の世人の空気であった。大麻事件これまた嘆かわしいことだ。要するにオトナになっていないな、という感じ。これでは就職が厳しいのは当たり前。不景気の所為ばかりではないぞよ、と云いたい。    2009.6.10記


卑属殺人罪を設けよ。
戦前の刑法では「尊属殺人罪」と「不敬罪」があった。戦後民主法制の導入改正によりいずれも「法の下の平等」をうたう新憲法の精神に則ってこの条文は廃止された。最近の風潮はどうか!母親が我が子を殺めるケースがなんと多いことか。事情はあるようだが、死を賭してでも我が子を守ろうとするのが母性愛ではなかったか。全く抵抗力のない子どもを殺すのは力関係からすれば、大人なら誰でも出来る。理性と愛情に包まれた家族としての恩愛ムードのなかで、次世代を育てていく義務が大人にはある。この構成要件には同居の非血族人間も対象にすべきだ。政府の少子化対策もいいが、Familyを大切にする。その精神を醸成していかなければ、日本は沈没する。為政者の声は聞こえてこない。自殺の防止も大事だ。しかしもっと大事なのは、國の宝であるべき、子どもたちの幸せを与えてやれなくて、なにが、将来の日本云々ぞやーーーと云いたい。2009.06.04記


教育基本法の改正に惟う
                            2006-12-16
12月15日の国会で表題の改正議案が、可決された。圧倒的勢力を誇る自民・公明両党連合の与党勢力に寄り切られた感じだ。教育基本法は教育関連の憲法だという。正直いって法案を読んでいないので云々はできないが、素朴な疑問が何点かある。まずは新聞に報道される問題教師をどうしてくびにできないのか。公務員全体に言えることだが、身分の保障があるからだという。だから問題教師があとを絶たないのではないか。いうなればそういう連中を税金で賄ってると思うと、やりきれない。わがニッポンはどこへいこうとしているのか?この教育基本法の改正に始まって、防衛庁の昇格、タウンミーティングの腹立たしいヤラセ、国旗掲揚に関する処罰問題、教員に対し父兄の評価を導入したり、「憲法改正」の動きとそれらに先立つ国民投票法の制定をしてまず外堀を埋めておこうとする作戦など一連の動きをみていると、戦時中の動きを思い出す。先般の拉致問題にからむNHKへの放送命令など、大本営発表
の殆どが国民を欺瞞するものであったことを思い出したのである。又ぞろの感がなくはなかったのである。だんだんこわい世の中になっていく予感がしてならない。



モラルハラスメント                        2006-08-17
ある女友達から「友人から送られてきました」のコメント付で「モラルハラスメント」について一編の論文を転送してきてくれました。概ねそうなのですが、こちらが平素求めていない情報が寄せられるとペースがみだされて、じっくり読まない場合が多い。読んでも読まなくてもいいわけなんだが、通覧してみた。通読とは言えないだろう。私はかねがね教育制度と今日の社会問題とをリンクさせて、この頁でも主張してきている。私の関心事はただひとつ「どうしてこんな世の中になってしまったんだろう」ということだ。もちろんセクハラもモラハラも用語ぐらいは承知している。ふつうに新聞をよんでれば意義はともかく用語ぐらいは頭にはいる。関心事以外なら再認程度だが。
この標題については感想を述べるつもりは全くない。なぜなら第一署名がない。第二に論議する興味がでない。
そこで、かねての私の持論でもあるが、(感想を求められてはいないが)応えるに以て問題提起というか、あなたなら其れをどう考えるということを簡記してみたい。チャットをやる気は毛頭ない。時間を損するだけだ。先般大阪
ある自治体が裏金の処理に困って500万円ほど焼き捨てたという。こういうのはなんていう社会現象なのだろう。一般にモラルハラスメントは、どうも特定の集団構成員と被害者と目される個人とのいわば相対関係に問題の所在があるように思う。おかねを焼却するという行為は、違法行為にならないのか、非社会的行為にならないのか、道義犠牲の問題はないのか。平気で子を殺し、子が親を殺し、たしかに戦前にもあった。
件数で云々すべきでないが、虐待も含めるとまずニュースで話題にならない日はないくらい。社会保険庁の資料改竄、ガス湯沸かし器の不具合の問題、インサイダー取引の問題、幼児虐待についての児童相談所の責任意識の問題、教員・公務員にいつまでたってもなくならないセクハラ、強盗の多さ、警察のずさんな捜査、医療ミス、重要資料の散逸等々、これらのすべて管理者がテレビ画面で「申し訳ありませんでした」といって頭をさげる。じつにいやな風潮だ。土下座してあやまれば、何となく罪一等免じられたきぶんになって、被害者も謝罪があったとかなかったとか、しかもTVのインタビューで、コメントしているのをみると、小生など違和感を感じるのである。
話がちょっとそれた、いま一度他日タイトルを設けて自分の存念を披露することとしたい。後半に縷々述べたこと、これはモラルハラスメントよりももっともっと社会問題として重要な、モラル崩壊の問題だと思う。これをどう構築していくか、国会で真剣に議論されているのであろうか。モラルハラスメントこれはこれで大事な問題だ。要するに本態的社会的弱者そして(いろいろな)ハラスメントに追い込まれて社会的弱者になった人たちに、手をさしのべることは大事なことだと思っている。ハラスメントの根元はそもそもモラル崩壊に起因するとおもうがどうであろうか。

またも子殺しーああ!
                          2006-07-31
福島県で親の虐待で3歳の男の子が死んだ。痛ましい事件だ。つい一ケ月ほどまえには秋田県で30代の女が娘の男友達(小学生)を自宅に連れ込んで殺害。その前に自分の娘を橋から突き落として殺していた。それ以外にも今年に入ってからだけでも、子殺しが数件発覚している。そうかと思えば子どもが親を殺すケースも目立つ。6月には阪大生の三男が兄弟と比較されてハラをたて、母親の頭を金槌で殴って殺すという事件があった。いずれも死に至らしめるという行動意識がない、というか安易に人の命を奪うことの行動心理がどうしても理解できない。岡山では東大阪の学生を生き埋めにして2人殺すという事件があった。前章でも書いたが家庭の躾の問題もあろうが、学校教育現場はどうなっているのであろうか。突き詰めればたしかに家庭の問題かもしれない。しかし本人の自覚の問題のほうがもっと大きいと私は考えている。読書によって多くの人生を学べるはずだ。私たちは子どもの頃よく”人のふりみてわれふりなおせ”といわれたものだ。こども同志の遊ぶ声とか稚いけんかと泣き声を聞かなくなって久しい。小学校の低学年も高学年も一緒になって集団で遊ぶことが、情操や社会性を育てるのにいかに大切か、故司馬遼太郎さんじゃないが、この国のかたちはどこかおかしい、いやおかしくなっている、と感じざるを得ない。学区制を廃し、六三制も完全になくして、旧態にもどせとは云わないが、そうして100年待つよりテはなかろうと思う。最初の50年は現在の世代がいなくなり、あらたな教育を受けた世代が社会を動かすようになるまでの期間であり、これを第一世代とすると、あとの50年で第三世代が社会の中心になるまでの期間だ。まさに「百年河清を待つ」である。それまでに日本が沈没していなければよいが。とにかく日本人のモラルはおとなも子どももそして男も女もおかしくなつている。

殺人犯が人権を問疑する?!          
2006-6-7
2006-6-7付朝日新聞東京本社版37面に「宮崎死刑囚が手記・絞首刑の残虐さ訴える」という記事がでていた。月刊誌「創」に寄稿したのだそうだ。全文を読んでいないので、軽々にはいえないが、印象としての所感を述べたい。宮崎とは'88・'89年に連続幼女誘拐殺人事件を起こした宮崎勤死刑囚のことである。この2月に最高裁で死刑が確定している。記事によると
日本で実施されている絞首刑について「踏み板がはずれて下に落下していく最中は、恐怖のどんぞこにおとしいれさ(ら)れるのである。人権の軽視になってしまいます。」と。宮崎死刑囚は同誌編集部とこれまで数百通におよぶ手紙をやりとりしてきたという。雑誌「創」の存在は承知しているが、手にしたことがないので論評はしない。要は宮崎死刑囚の発想が特異というか、正当化というか、カレに人権を云々する思考回路が残っていたことに瞠目するのである。カレがかつて少女たちに与えたであろう苦痛は人権の軽視につながらないのか。ヒューマニストは裁判と矯正監獄生活に依って人格改造ができたのだ、というかもしれない。ええかっこ士の死刑廃止論者もそのようにいうだろう。生命身体犯罪者が出獄して再犯をしないかどうかはここでは問題提起しない。破廉恥犯(つまり性犯罪)が再犯の可能性がきわめてたかいので、出獄後も生活・行動規制の網をかぶせることになった。要するに教育だけでは根本的に人間改造はできないからなのだ。いわゆる「お礼参り」ゃ「脱獄者」の虞犯を警戒する司直や、これを畏怖する市民たちの心情を顧慮すると、法律や教育だけでは律しきれない人間の奥底に潜む行動心理がある。学校教育や教養とは関係のない心的世界があると云いたい。犯罪心理学者でもない、宗教者でもない私は「死刑廃止反対論者」である。善悪をとわず人の行動にはそれなりの理がある。其の微細な理に光りをあてて、救おうとするのが宗教者だと思う。生命の尊厳を侵害したものを矯正再教育して社会復帰させるか、根絶するかをきめるのが法治国家のルールだ。いたいけな少女達たちを恐怖のどんそ゜こにおとしつつサディスティックな遊戯(すくなくとも本人にとっては)を愉しんで命を奪った殺人者が、人権を云々する所感をしかもメディアを通して、世間に公開しようとするのをみて新聞読者はどう感じたであろうか。
死刑廃止論者にはどんな影響をあたえ、そしてどういう反応を示すか興味深い。



昨今の世相                      2006.1.31
少女誘拐殺人・耐震偽装問題・証券取引法違反・牛肉輸入再開に伴う政府対応・振り込め詐欺・果ては禁輸製品の密輸出などなどなにか事がおきると、当事者は「2度とこのようなことは........云々」と言って頭を下げる現象が目立つ。加害者本人は本人で「なになにするつもりはなかった」といったセリフがまかり通っている。殺人においても然り。こういう表現をすると罪の軽重に影響をもたらすのであろうか?ごく最近の全国展開しているホテル経営者の建築基準法違反事件に対する釈明?の記者会見はひどい。まるで罪障意識がない。共通してなにがいえるか?
私は一にかかってモラルの問題だと思う。裁判事例や政治家の言動をみていると、そのような気がしてならない。ライブドアの元経営者のことを順風のときには持ち上げておいて、こんどは魔女狩のように少年期のことまで調べてあげつらうマスコミの姿勢も問題ありと考える。公的施設を占拠する路上生活者に住所の登録を認めよ、と判決した裁判官がいる。市民感情との乖離がはなはだしい。彼は私的な市民生活はどのようにして送っているのであろうか。とにかく昨今の裁判事例というか、判決は理解しにくいことが多い。私は裁判員制度導入にはこういった裁判官への牽制効果があるのであれば、大いに賛成したい。法理に基づいて刑罰を適用するのであろうから、恣意的とはいわないが社会常識を持ち合わせているのであろうかと思うことがある。


私の悩み                          2005.7.24記
ホームページのタイトルにも書いてあることだが、古希を迎えたら悩みはなにもないはずだと考えていた。すこし大きいが国内ではニッポンの行く末である。具体的には教育の問題と国力の衰微懸念だ。そして国外にあってはテロリズムと終わりなき報復との悪循環だ。'01.9.11のニューヨークの事件いらい、世界はなにか変だ。私にはイデオロギーや宗教のことはよく分からない。いわゆるグローバリゼーションの根源がどこにあるのか、しかもこれが今日の世界情勢にどう関わっているのか正直わからない。日本のイラク駐留にしてもこのまま推移していくのかどうか、憲法改正問題を併慮すると戦争や国際紛争について、日本だけ対岸の火事として看過できるはずはないだろうと思えるのである。「歴史は繰り返す」!この言葉を否定する人はいないだろう。問題はなにが繰り返されるのか、だ。いわば胸の内をここで語るわけにはいかない。
「人間は争いを止めることができない」これまた哲理だ。平和な世界の到来を
のぞむのは、人類にとっては等しく未来永劫の希求ではないか。


外来語を考える         
'04.8.31記
この28日に独立行政法人国立国語研究所のフォーラムがあったので、聴講した。場所は青山東京ウイメンズプラザ。題して「外来語を考える」。面白い内容だった。外来語の言い換え提案をしており、ことしで3回目の提案である。外来語の多用は発信者サイドに問題(とはいわないが)があるという。つまりまず専門家・メディア・行政文書・政治家だという。いろいろな分析統計を使って、日本語として定着しやすいものと、そうでないものがある。原語は圧倒的に英語が多い。言語帝国主義という概念の存在をも認め、そしてその問題意識も論者はもっておられた。外来語と外国語とは違うんだということ、和製(合成)外語は原義と意味が違ってきているので、たとえば外国人が日本語を学習するときに大きな障害となっており、コミュニケーションに齟齬を来すことが多い。日本人として和製外語はあまり使わない方がのぞましい。というような論調であったようにおもう。興味ある話しがあった。外来語は4文字になると日本語として定着する、と説く研究者がいるようだ。外来語という言葉は倭語以外は漢語も外来語だと。なるほどそうだ。かんがえれば、漢字の4文字熟語はほぼ無数にあるし、昨今ではセクハラ、ノンポリ、ハリポタなど枚挙に遑がない。例外もある。今日のコンピュータ用語の氾濫は、実に難解なものが多く、理解しにくいものが多い。言語学者がいうのだから間違いない。「インフォームド・コンセント」「ノーマライゼーション」「ユビキタス」などなど。私の独り言だが、上記の発信元は共通していえることは、教育エリートたちがその職についている。留学体験者もいることなのでいきおい語学に堪能な連中が多くなるので、するべくして発信するのではなかろうか。これからもどんどん増えるかもしれない。文部科学省の英語教育でますます拍車がかかることが予想される。それはそれで結構なことだ。しかし一面ではきちんとした日本語を使える教育が行われるのかどうかを私は危惧している。         


人間は崇高な精神の持ち主か 
'04.8.30記
哲学的なテーマだがそんなにむずかしいことではない。結論からいう。生来
人間はそんなにに上品でも崇高な精神をもってるわけでもない。そのようになりたいと努力しているだけだ。あまりに大きなテーマなので戦争と国家権力について、しかも一部だけとりあげてみる。第二次大戦中ナチスドイツのユダヤ人撲滅政策が明るみにでて、世間を震撼とさせた。世界は其れを知って20世紀最大の戦争犯罪だと批判した。いや罵った。ヒトは戦争を終結させるためといって毒ガスを使い原子爆弾を投下した。そして人間の生体実験をやり、大量虐殺の例が跡を絶たない。日本の憲兵は大杉栄と伊藤野枝たちをどう遇したか。日本の兵隊たちはアジアの各国で市民になにもしなかったか、アメリカはベトナムで枯葉剤を撒き、ソンミ村を抹殺した。いままたイラクでアブグレイブ刑務所での捕虜虐待の調査が進められている。どうしてあんなことが起きるのか。答えは簡単。人間は本来崇高な生き物ではなく、嗜虐的な動物だからだ。なるがゆえに法律があり、条約があり、憲章がある。ロシアのチェチェン紛争でも、イラクの反米行動でも自爆テロが続いている。なんてひどいことを、という向きもあるかもしれない。しかし一歩下がって考えればさきの大戦中、日本は人間魚雷や特攻攻撃をしている。小学生にまで、たこつぼ(人間ひとりはいる位の穴を戦車の通る道に穿った穴)にはいり、敵戦車を爆破する訓練をさせ、沖縄では多くの市民が持たされた手榴弾で自爆している。2001.9.11のニューヨークの同時多発テロはひどい、イラクで拉致被害者の首を切断するのはとんでもないことだ、と非難できる国がどれだけあるか。日本の首切りは130余年前までは千年の長きに渡って首切りが横行していた。戦争が犯す罪とはいえ、もともとは人間の欲望がぶつかり合った結果のことであれば、為政者のマインドコントロール如何で人間はいかようにでも、変わるということ、いや変えさせられるということなのだろう。だからといってモノワカリよくそれらの罪を赦すか、許せるかということとは別の次元の問題だ。よど号ハイジャック事件や地下鉄サリン事件をあなたなら赦しますか。


ローティーンの犯罪に惟う    
'04.06.09記 
ごく最近小学生の殺人事件があった。女児がカッターナイフで殺すというショッキングなしかも痛ましいというかおぞましい事件があった。そのニュースを耳にしたとき身の震えるのを覚えた。母親が我が子を殺す、亭主を殺すという事件があとを断たない。いったいこの国はなぜこうなったんだろうか。どこに根元があるのだろうか。短絡思考は避けたいが、基本的にはモラル意識の問題に帰結するように思う。要は家庭が、そして社会にも躾の観念が薄れていることに根幹がある。いまはまだ概ねは青少年の問題として世間では認識されている。躾のできていない子どもたち、平たくいえばモノゴトの是非善悪を判断するモノサシをもたない子どもたち、こういうのは一体だれが作り出したか。もちろん家庭もそうだろうし、教育社会を含めた社会共同体も同罪だと考えている。しかし躾をすべき大人たちが躾ができているか。この躾の大事な幼少児をもつ親御さんたちは30歳代だ。その親御さんたちはといえば60歳前後いわば団塊の世代だ。その先は大抵は消え去りつつある。今日DVオヤジは論外としてカミナリ親父がどのくらいいるのか。メディアもやさしい父親イメージのみスクリーンにだす。しかし自省を込めていうなら、すべての世代に責任がある。個々の人間が作り出す社会ではあるけれど、一旦社会という怪物があるきだすと、
個人の力量や思考では手のとどかないところで根付き呼吸をし肥大していく。
そして病巣をも育てていくのだ。惟うに私は心理学の「し」の字もしらないが、
人間の躾や基本的人格は10歳までに決まるというのが、かねてからの私の持論である。根拠はない。科学的に実証しているわけではないから。しかしそれ故に私はかねがね最も大事なのは幼稚園・保育園次いで大切なのは小学校の低学年教育だと、考えており且つそのように主張している。幼稚園の教諭
は男女半々にそして、世帯経験者を構成比半分ぐらいにした方がよいと主張している。幼稚園にかぎらず、教員の資質にも問題行動者がいる。われわれ一般市民は新聞でしか知り得ないが、実際にはもっともっといるはずだ。教員採用時にインターンシップ制を導入し採用についても厳選すべきだ。教員不祥事の処分は実に甘い。とにかく浮世離れした人物が多いのも事実。ペーパーテスト偏重社会だからだ。漸く六三制見直し論議がでてきた。戦後の学制改革第一期生である私は、見直しは大歓迎だ。最後にひとつだけいっておきたい。今日のすさんだ世相になったのは、個々の心のありようにあると思うが、日教祖の活動が無視できない存在であったとおもう。子どもたちに師を尊敬する観念を放棄させるムード、そして声を大にして権利を主張して、教育者として子どもたちへの心理的影響を顧みなかった、そのツケが今日なおその影をひきずっていると、私はみている。いずれ本欄に書くつもりだが、「社会民主党の今日の凋落の原因が那辺にあるか。」つまりなぜ一般大衆の指示を失ったか、について考えてみたい。上記教育の問題にも大いに関係があるからだ。この現象はいずれ企業社会に浸出していくとみている。


年金未納問題について      
'04.05.01記
閣僚が7人、野党の党首までもがだ。元党首もということになると、首相もわからないね。そうなると年金の複雑怪奇な手続きに問題がなくはないか。国会議員全員調査をしてはどうかの声に混乱するからやめた方がいい、と与党議員から反対論が出てるそうだ。どうもおかしい。おそらく
総理よお前もか!が匂う。民主党はトーンを下げる必要なし。遠慮しないでやったらいい。ただ
国会議員にかぎらず、未納率が高いのはこの辺にも原因があるのではないか。事務局に問題はなかったのか。つまり運用解釈上の問題である。民間においても、充分にあうりうること。
しかしだからといって、一元化に結びつけるのは感心しない。民主党の公平論には無理がある。所得把握率をどうやゆってあげるか、立法府はこわくて手をつけられないのではないかと思う。


イラク人質解放に思う 
         ’04.4.16記
'04.4.15に3人の日本人が一週間ぶりに解放された。心底良かったとおもう。しかし政府要人のTVインタビューを聞いた。今回は率直に言って、政府高官の発言は声なき国民世論を代弁していたと思う。あらたに2人拘束されているわけであるし、解放された被害者の家族の方々の喜びはわかるが、手放しで喜びを表にだしていいのかとかんがえるのである。与党の要人が経費のことを言っていた。当然だ。多くは言いたくない。だが、今回の事件はちょっと異様な感じをもったのはひとり私だけであろうか。

尊属殺人だけでよいのか '04.2記  
第二次大戦後日本の刑法が大きく変わった。我が国の家族制度の廃止にともない、個人尊重主義の立場から廃止すべきだとの議論があったが存続した。この小論は尊属だけでなく、実親が嬰児を虐待死させた場合の刑罰も重くすべきだ、という趣旨で筆をとったものである。念のため手許の六法全書を開いて見て、驚いた。第二〇〇條の尊属殺人が消えている。

子は親を選べない!    
'04.01.26記
1月26日岸和田の中学3年の男子が虐待の結果意識不明状態で救出され、父親と内妻が殺人未遂で逮捕された、とのニュースがでていた。なんとも痛ましい事件だ。昨日は3階の窓から母親が3歳の女児を落とした、と。幸い一命はとりとめたそうだが。いやな社会事象が続いている。今回の中三生の事件については、同級生は分かっていたのに学校の説明はやや趣がことなっていたようだ。TVの校長や児童相談所長のインタビューをみていると、「あれでええんかいな」という感じがする。司直ではないのでとやこういうのは控えるが、校長も所長も責任はないのかね。そして子供は親を選べない、ましてこんな世の中、われわれ戦中派の少年時代と違ってセキューリティシステムは充実しているはず。校長の話をきいているとなんとも空しい感懐をもつのだが、どんなものだろう。もういちどいう少年を保護すべき立場のひとたちが、ほんとに「これせでええんかいな」




不在者投票の無効処理について
'03.12.30
さきの衆議院選挙で無効票の処理があった。間違って渡したという
単純ミスのためだ。投票所には23区の場合すくなくとも14〜5人で二重チェック体制をとっている。昨今「あってはならないこと。二度とこのようなことのおきないよう厳重に云々...」というきまり文句をいってアタマを下げる。それでおしまい??? 官はそれでおしまい?民に対しては監督官庁は改善の進捗状況の報告をさせる。
道路公団総裁のクビを切れない当事者の醜い争いを、国民の多くはどう受け留めたであろうか。大いに争うペし、みっともないぞ、政府はだらしがない、色々あると思う。なぜそうなったか。
最近の諮問委員の辞任劇をみるに、また政府の道路政策の骨子をみるに、なんとなく骨抜きになっていくのではないかとの懸念がある。
話はとぶが、私自身のいくつかの座右の銘に「そして眼をつぶれ」というのを加えた。国民みんなが小市民化したのか”怒る”若者の姿をみたことがない。無効にされた人たちは「なぜ無効にするのか、選挙をやりなおせ」の声をあげてもいいのではないか、とさえ思うのである。為政者は庶民の声がコワイのである。古希を過ぎて心底私はそう思うようになった。


都・区の名誉昇給のこと
  '03.12.30 記
定年を迎えると名目昇給して退職金並びに共済年金受給額を人為的に増額させる。公務員の場合共済年金の計算方式は退職時給与の○○%というふうになる。あまり例をしらないが、かつて国鉄がそうだった。多分長い歴史があるのだろう。退職者本人にとってみれば多いにこしたことはない。民間に比較して云々はいわない。国民に泣いてくれといっておきながら、片や税金を人件費
の嵩上げにつかう。これを水増しといわずになんというか。職員の福利厚生施設で公務員のそれを売却したことがあるか。民間の赤字企業には健康保険組合の保養施設まで、売らせる。本体とは不即不離の関係にはあるが、それをしも保有まかりならんという官の理屈である。
 そして国会議員の歳費はどうなっているか。三位一体ならば、まず国会議員が範を垂れるべきと思うが如何?

NHKよお前もか!
              '03.10.25記
組のがなりたてるようなあのPRは、あれはいったいなんだ。民放は浮沈がかかっているし、われわれ一般視聴者は聴視料も払っていないのだから文句もいえない。黙ってスイッチを切るだけ。NHKも視聴率無縁とはいわないが、国会や経営までも挙げて視聴率向上に血道を上げているのではないかと、錯覚するようなあの喧噪ぶりは公共放送をときに売り物にしているNHKともあろうところが、と思うことが屡々ある。番組編成委員会やトップはそのような現状を承知しているのか、といいたい。民放はスポンサーがあつて成り立つ。いわばスポンサーにとってはお雇い放送局だ。NHKは視聴者がいわばスポンサーだ。BS1にしてもハイビジョンのPRにしても、あの喧噪感はスポーツアナのオーバーボイスとなんらかわりない。しかもわざと音量をあげる。おそらく民放とおなじ業者に外部委託しているのではないか。視聴者にハラを立たせて注目させる、という思想
があるとするならば、なんと品格のないスタンスかといいたい。
私は聴視料の銀行振込制度発足以来6ケ月サイクルで支払っている。これをやめて集金してもらおうかと、最近真剣に考えている。NHKさんコマーシャルは無用。新聞の番組紹介だけでたくさんです。

富士山のゴミはまずなくならない
'0310.25記
どうしてか?交通機関が携帯電話についての警告を発している。しかしまず守らない若者が多い。男といわず、女といわずだ。先日中央線の事故対応について、JRがやっと腰をあげた。上から云われなきゃ動かんのかね?という新聞論調があった。要するにルールを守る若者が少なくなったということだ。(中央線の場合はむしろJR幹部の経営に問題。)若者についてその最たるものは徒歩・自転車での横断歩道の交通信号だ。黄色でも赤でも平気で臆面もなく渡る手合い(敢えて手合いという)がいかに多いことか。とくに20〜40歳代で男女を問わずだ。こういう人たちが一旦企業人の顔にもどると、コンプライアンス(本ページの第一頁参照)云々とのたまい、そして義務を黙殺して声高に権利主張するのだ。私はひそかに交通事故がおきるといいなと思っている。真っ先に加害者100%正当と証人になるつもりだからだ。こういうスタイルでしか警鐘を鳴らせないのがなんとも哀しい。だから富士山のゴミをなくしましょうとキャンペーンしてるのは若い人たちなんだが、電車の中のマナーをみてると、私はあー、期待できないなと思っている次第!キャンペーンで声を張り上げている青年達とおなじ青年が多くいるといいなと常々思っている。私はこのことが杞憂におわることを念じている次第。



映画
「クジラの島の少女」を観て '03.10.05記
ュージーラント゛の原住民でポリネシア系マオリ族の少女の物語である。強烈な男系社会のなかで、酋長の孫娘として育った少女がその酋長である祖父から疎外され冷遇されるにもかかわらず、祖父に離反してフランスで芸術家になった父親がこの少女を同道しようとして、一旦生家をはなれる。しかし途中生涯を島に暮らしマオリの習俗を守っていくと決心して舞い戻る。この少女は男女ペアの双生児として生まれるが、母親は難産で死去、双生児の男の嬰児も死亡する。また機会があるじゃないかと祖父に慰められる父親は、生き残ったオンナの孫を抱こうともしない祖父に絶望して出奔してしまう。少女はそんな環境のなかで育った。祖父と少女の雪解けは、そんなにまで疎外されているにも関わらず、習俗を守り抜こうとするオジィチヤンをなお愛し、浜に打ち上げられた多くのクジラを疲れている村人を動員して、懸命に海へ戻してやろうとするが適わず、あきらめて引き揚げる村人たちを後目に、少女は潮が満ちてきて奇跡的に息を吹き返したクジラの背鰭?にまたがって沖合へ遠去かっていってしまった。クジラとわかれ、海上を漂流していた少女は救出され、蘇生する。伝統を継がせようと村の男児たちを訓練するが適うものがおらず、断念した酋長のてもとに酋長適格テストのときに海へ放り込んだクジラの首飾りがとどき、それが自分を愛してくれている孫ムスメによって海中からひろいあげられたものだということがわかり、ついに伝統を捨ててこの孫むすめを酋長の座に据える。少数民族の哀しい伝統と現代の環境の変化による後継者難の問題などが、純真な少女の魂と酋長はじめマオリの人たちの高好感度の助演と相俟って、とても感動した映画だった。友人と会うまでのわずかな時間を利用しての鑑賞だったが、思わぬ拾いモノをした感じであった。

早大「スーパーフリー」事件に思う

'03.9.17付け朝日夕刊に準強姦罪としての輪姦事件の公判記事がでていた。
なんて卑劣なヤツだろうとの思いと同時に、なぜこんなことがおきるんだろうの気持ちが強い。抗拒不能の状態に陥れて行為をするということで、それは強姦に準ずるという法の解釈である。「酒をのませて」という行動と「犯す」という行動に因果関係がないとは、絶対にいえない。学生集団ということで早大生が中核だが関わったのは外に日大生・学習院大生だという。無教養だが無教育人ではない。『元気があってよろしい』と大臣がいったとか。失言以前に規範意識の問題だ。こんなのが国会議員をやってるんだから悲しい。次回選挙でかれが当選すれば、選挙民もおめでたいといわざるをえない。今回の事件は因果関係論からしても「原因において自由な行為」であり、しかも卑劣な輪姦行為を繰り返していたとは許されるべき行為ではない。しかも集団でだ。女子学生をいわば騙し討ちしたようなものである。罪刑法定主義の精神からすればなるほど刑法178條で2年以上15年以下の懲役にしかならない。庶民の感情からすれば一罰百戒で騙し討ち(詐欺的行為・財物ではないから詐欺罪ではないが)を併合罪として、最高刑を科すべきだ。社会人として抹殺したいぐらいだ。アメリカの刑期100年とか、イスラムの法はどうなってるのだろうか。生命・財産犯もさることながらこういう破廉恥犯(愉快犯でもある)には重罰を科すべきだとおもうが如何なもんであろうか。
 しかし、今朝のニュースでは16歳の女子高生が深夜1時半に友人宅から帰宅途中に棒状のもので殴られた、という事件があった。こりゃーどっちもどっちだ。第一こんな時間に友人宅から帰宅云々ということ自体解せない。詮索はよそう。国文学専攻の学生がゼミで教授に向かって「オレ(私じゃない)は漢字をみるとアタマ痛くなるんだよナー」と云ったとか仄聞している。学生の資質云々はともかくそれが卒業間際に教職課程をとってデモシカ教員になっていく。教育委員会が社会人教育だとビジネス現場で研修させる、こんなバカな教育行政がまかり通るなんて、都民税を払っている都民に対して教育長はそんなことをしなけりゃならんようになった経緯をあきらかにすべきだ。 '03.9.18記



自動車の紫外線除け(?)スクリーン
凶悪な犯罪(殺人・誘拐)が発生するたびに惟うのだが、あの自動車のウインドーにはられているスクリーンはなんとかならんもんだろうか。乗員にはやさしい紫外線除けとなって、遮光効果もあって快適であろうとおもう。かたがた事故防止にも役立つだろう。しかし、サングラスをかけている人は視界はきくが、
他人さんには目線はおろか、人貌もわからない。
というように、車の中の人たちにとっては一種の密室空間となって、車外の人たちの視線を意識しなくてすむ。これはこわい!!
犯罪に利用される蓋然性がたかい。たとえば誘拐されたものが車外にむかつてSOSを発してもわからないはずだ。私の懸念は両刃の剣にならないかということである。自動車メーカはクルマをつかう人たちへの安全対策を考えているとしか思えない。自動車のひき逃げでもそうだ。まったく顔がわからないわけだから。逆に犯罪の温床効果で、妙な話だがネライをつけた対象を車内よりじっくり観察できる、という犯罪者にとってはメリットがある。そのスクリーンがなければ1ケ所に停車してじっくり観察ができないから、なにがしかは犯罪の抑止効果はあろうかと思う。とにかく、クルマの遮光スクリーンはメーカーとしては対策を講じてもらいたいものだ。            ’03.09.14記


NGO拘束について
「北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会」のY代表が中国当局に拘束されている。
異国の問題なので、軽々に論ずるのは避ける。で、ここに書くことは筆者の素朴な疑問というか「なぜなの」ということだ。新聞記事によるとY氏は「戦後の離日帰国者(北朝鮮への)の家族で日本と深い関係を有している」と。これがよくわからない。中国残留孤児の家族と同根か。もしそうだとしたら性格はちがう。中国のそれは本人の意思によらざる事情でいわば祖国日本に捨てられたいたいけな子どもたちであつた。自分では到底生きていくことのできない頑是無いあわれなこどもたちであった。漸く生を保ち大地に根付いたところへ望郷の灯が点った人たちをどうして日本国が手を差し出さずにいられようか。いわゆる脱北者については論評しない。ただ一点いえることは離日帰国者はみずからの意思でそして選択で、祖国日本を捨てて(配偶者が日本人であった場合)楽園にいったということだ。夢が破れたかどうかは知らない。このはなしはこれでうちきる。
問題は上海市政府のスポークスマンが拘束について「密入国の罪と日本人学校の安全を確保するため」とコメントしていることだ。密入国とはね。事実とすればゆゆしき問題だ。(ただ幇助をしたということではないかと唱える向きもあるが、真相は分からない。いずれにせよ合法的行為ではないのではないか)しかも大學の教員だ。どういう感覚か。しかも代表ときている。筆者はかねてよりこのてのNGOの活動には見えない部分がおおく、冷静にニュースを注目しているだけであるが、密入国が事実なら、こんご彼らの活動がいかに人道的なものであるにせよエールはおくらないことにしよう、ときめた。
                                       '03.08.13記


教育基本法の改正問題について
13日付けの朝日朝刊に表題について全国ですくなくとも264の自治体議会が改正反対の決議をしたとあった。賛成したのはわずかに神奈川など5県議会と4市町村議会だけであったそうだ。この273議会が全国にどの程度の割合を占めるのか不明だが、少々びっくり。論点は愛国心をもりこむかどうかということである。性急にしないで国民的議論にもちこむべきだ、今日の教育の荒廃を教育基本法というか戦後の教育体系に淵源をもとめるのは何の根拠もない、もっと慎重に対処すべきだということらしい。長野県では全教系の高教はそんなことよりも教育基本法の理念を生かすべきだということを県内120議会に陳情したという。すくなくとも筆者はそのように読んで理解した。さて一般市民感覚はどうだろうか。基本法改正に「待った」をかけたのは無党派議員や教職員組合など、公明党の発案も際立ったとある。議論の全体をつかまず、1新聞の記事だけでコメントするのは危険だが。筆者が奇異におもうのは教育をめぐる現状に「何とかしなければ」という思いは同じ、中教審は青少年の規範意識の低下をはじめ教育の現状について「危機的状況」の打破を掲げている。と新聞は書いている。おそらくその認識は正しい。
私はおもう。根本は国民全体の規範意識が希薄になってきたこと、寛容と責任の感覚が権利意識と比較してアンバランスになり万事に緊張感が亡失しつつあること、新聞報道でみるかぎり感覚のずれてる教員が、結構いること(セクハラ・過度の暴力指紋徴取成績答案の盗難被害などなど)、保護者の権利主張偏重など重層的問題も多々あることも事実だ。
愛国心を育てないで国はもつのか?たしかに法で云々する問題ではない。じゃどうするのか。答えは、なぜ今日の様になったか、それをみればわかる。敗戦により教育制度がかわった。豊かな国になった反面若者に飢餓感がなくなり、国際化により異文化の大量流入で、幼少年期から馴染んでしまったこと。その人たちがいまや社会の中枢になっている。悪いとはいってない。現実を云っている。まだまだたくさんある。

私の結論:私ならこうする。
@教育制度を再構築せよ。明治5年以来実に頻繁に制度を変えている。教育にはトライアンドエラーは許されないが。勇気を持って改革すべきだ。すくなくとも中高一貫体制は大賛成。この間に教養を積ませる。
A幼稚園・小学校という初等教育のあり方を練りなおせ。特に徳義心の涵養と愛国心がだめなら愛人心をたたきこめ。やさしい保母さんだけではバランスのとれた子は育たぬ。
B中学初期の段階で遵法意識を(いわば規範意識)を植え込め。
C教員の全国一斉再教育である。教員の不祥事は他の民間企業同様一罰百戒主義で のぞめ。教育委員会の処分は甘過ぎる。
1947年に始まった被占領国教育改革のツケ(といってわるければ効果だ)が50年目にでてきている。私のいう改革をすぐに着手してもやはり50年かかるだろう。教職員組合の現在はしらない。小生の知る日教組はニッポンをこんな国にした元凶のひとりだとおもつている、ことを付言しておきたい。私自身日教組の闘士でしかも多大の薫陶を受け、こんにちでも尊敬して止まない師が幾人もおられるにもかかわらずだ。
                                    '03.08.13記



教員の人気投票  
当事者の意見を聞いていないので、軽々には論じられないが、なんでこんなバカなことをするのか、と問いかけたい。著述力はあるが講義力はどうもな、あるいはその逆とか
は昔からあったこと。しかし学生の方の理解力とか表現力はどうなんだ、ということだってある。たしかに面白い講義、面白くない講義がある。もちろん聴衆である学生にも大いに問題があろう。電車でみるかぎり専門書らしき書物を読んでいる学生男女をみたことがない。試験の前後は論外だ。一様にまんが、ケータイ、ウオークマン会話の内容の貧粗なこと、これが将来の日本をなと思うとき、暗然たる気持ちになることがある。
リクルートスタイルで就職活動の帰途、友達と行き会ったらしいグループの会話をきいていると(聞き耳をたてなくても大声で嗜みもなくしゃべっている)、これじゃ就職がきびしい
のは当たり前とおもったりもするのである。もっとも本当に勉強している男女学生は町中
にはいないだろう。それにしても、平均値というものがあるだろうし、通学の往復ということがある。
大學に云いたい。学生におもねるな、と。単位を取れない学生は進級させるな。文部科学省にもいいたい。私学助成金を総花的でなく、定員割れしても真に評価すべき教育をしているところには、積極的にこれを支援し場面によっては産業界同様再編成を主導していくこともあつてもいいのではないか。しかし教授陣も尊敬される指導者像をみずから構築する必要があろう。国立大の定年教官の受け皿として私学がある。こういうのは
天下りとはいわんのかいな。話をもどすが、一部の大學をのぞき多くの大學はもはや学生を選べない時代にはいりつつある。逆に大學が選ばれる時代にはいりつつあることも事実だ。そういう環境のなかで入ってきた学生に人気投票させるなんてことは教育の本質をどう考えてるのかといわざるをえない。旧帝大派の某大學までがそれを指向していることを耳にして、「○×大學よ、お前もか」と嘆息するのである。
                              '03.07.13記


役人のうそと民間のうそ
私の個人的な体験では大東亜戦争(第二次大戦・太平洋戦争)における参謀本部情報だった。歴史に残る疑獄事件の大半は、ニュースが流れた当初はおしなべて否認している。これは官民を問わない。今般道路公団について内部告発があつた。たしかに真実はわからない。こういうケースは互いに自己主張を正当化するからだ。かねていわれているように企業会計原則に則った財務諸表を作れば、一発で債務超過かどうかわかる。民間にはディスクロージャーを強く求める世論だが、では官に対して声はあるものの世論にまで熟しているか。私の感触ではノーだ。民間ならどうか。監督権のある行政が
からめば、彼らは権限を行使することは明白。一連の銀行行政などはその典型だろう。
りそな銀行はスケープゴートではなかったのか。従来の合法的税措置を一監査法人の意見だけで、ノーといえるか?監査法人に圧力はなかったか?東京海上に対する合併問題に関する指導という名の行政の処方は、新聞でみるかぎりでは恫喝に近い、といいたい。
話がとぶが、今「イラク攻撃」時における大統領の意思決定のインパクトとなったCIAの
情報が、虚報であったとブッシュ大統領が語ったというニュースが報じられている。見方をかえればアメリカはさすがに民主主義の国だと感心するのである。私がそう思ったのはあのウォーターゲート事件で大統領を辞したニクソンの態度だった。日本の宰相がこんな芸当ができるか、といいたい。田中角栄をみればわかる。埼玉県の土屋知事も最初はそうだった。国会議員となれば枚挙に遑がない。日本の場合司直の手がはいつて始めて「オレには責任がないんだがーー」という未練を披瀝して退陣する。選挙民にも大いに問題がある。「ひいきのひきたおし」で、少々の疑惑こぐらいツメの先ほども応えず再出馬を担ぎ出すといった図式、○○は云々といっておきながら、また同じ人物に投票する。組織票という怪物が横行して、市域でも職域でも当該人物を批判することを憚る空気が日本にはある。夢物語だが、一億総無党派層になれば世の中変わるだろうなと選挙がある度に思うのである。
                                        '03.07.13記


少女監禁事件の判決について
先日9年間に亘る少女を監禁した男についての最高裁判決があつた。懲役14年の判決について法曹界からの賛否両論がでていた。それぞれ一審二審の判決をいみじくも
その延長線にあるような議論だった。そのなかで担当弁護士の記者会見が印象にのこった。併合罪の場合の適用に関してだった。「刑罰の適用が不相当だ。さらに重科するなら法を改正すべきだ。」と。同工異曲の新聞論調もあった。昭和28年(1953)頃か時の民法學界の泰斗であった我妻栄博士が「法律における理屈と人情」と題する講演を聴いた。中身は忘れたが、「理屈と人情は法の下の平等における両極である。しかし背反するものではない。理屈に偏するのでなくさりとて人情にも溺れるべきでない。法解釈には常時人情のモノサシを忘れるな」というようなことではなかったかと記憶している。弱冠20才の青年にとつては忘れることのできない講演であった。
 もと少女の父君が「失った青春は戻らない。どんな判決がでてもだ」という内容の談話
があった。私もそう思う。刑法の改正は容易ではない。緊急に対処すべき法令がなければ単独の特別立法をすればいい。国際貢献のイラク支援について政府が血道をあげていることと、次元を異にするが国の治安維持の方がもっと大事だろうといいたい。「日々
の生活ですこしづつ平穏をとりもどしつつある。今後とも温かく見守ってほしい」という父君のコメントに救われる気持ちであった。その娘さんについては生涯を通じて国が支援の手を差しのべる事を期待してやまない。
                                        '03.07.13 記


長い裁判
先日戦時中の思想犯の捏造事件でなんと50数年ぶりに判決がでて、被告とされた人たちの名誉が回復された。30年?ほど前にも「昭和の厳窟王」と形容された裁判の結審があった。「松山のラジオ商殺し」はまだ結審していない?昨日は「オウム」の第一審の論告求刑があった。判決は来年の早い段階でということだ。江戸時代から「公事三年」ということばがある。新聞記事によると犯罪の発生は89.2月、公訴したのが96年、来年は04年だ。法曹の専門家が後世に問題をのこさないために吟味しているのはわかる。法曹家とは判事・検事・弁護士だ。判決の当否についてはここでは言及すべきでないとおもう。ただ法曹家は庶民感覚をもっているのか、と問いたい。自由と正義を標榜する法律家が娑婆の感覚をうしなっては、社会に受け容れられなくなるだろう。この裁判にしても当然控訴するだろう。上告もあるかもしれない。単純計算でそれぞれの上級審で三者三様に時間をかければ、何年になるか。24年だ。再審請求したらどうなる?戦前のファッショの反省から、手続き等が厳しくなったことも事実だが、真理追求のあまり、被害者や国民感情と乖離する結果を招いている。裁判官の訴訟指揮に問題はないのか。弁護士の裁判延引工作はないのか、と勘ぐらざるをえない。もちろん数多くの案件をそれぞれが抱えており、物理的な問題があることも事実だ。どの世界といわず、体制に組み込まれた人間は、その組織・運営については知悉しており、問題意識も持っているはずである。しかしなかなか外部に対してモノはいえないメカニズムがある。内部告発にしても警察が告発者の名を体制にもらすようなモラルが横行する
世の中であれば、人事や秘密漏洩という化け物のような枷をとりはずすことは、容易なことではない。まさに「期待可能性」がないといわざるをえないだろう。法曹人が少ないのであれば、もっともっと増やせばよい。多少増やすようだが、それでは足らないのではないか。
私は若い頃より「死刑廃止論」反対論者である。法曹人と警察は被疑者が「殺すつもりはなかった」というようないわばふざけたはやり言葉を社会から抹殺するよう、一罰百戒
の姿勢で治安政策に乗り出していただきたいものと常々考えている。

                                       '03.04.25記

犯罪の容疑者の処遇について
落語家の桂歌丸師匠がレギュラー出演している日本テレビ(東京4チャンネル系)番組の「笑点」で、要約「なぜ犯罪容疑者について顔を布で覆うんだろう。手錠のところもぼかしている。罪を犯したんだから人権を云々するのはおかしいんじゃないか」と話しておられた(2003.1.5放送)。私もまったくその通りといいたい。マスメディアは被害者については安易というか不用意に住所や職業ときに顔写真まで掲載している。歌丸師匠と論点は多少違うが、大筋の基本意識は私もおなじで、論壇に投稿しょうかなと思ったときもある。「ひとは教育によって更正しうる。被疑者は刑が確定するまでは犯罪人ではないので市井人としての人権がある。従って確定判決までは容貌その他人物を特定し得るような、身体的特徴を衆目に晒すべきでない」という教育:刑主義的矯正思想が、日本の法運用理念の根底にあるからだ。ある意味では死刑廃止論はその延長線上にあるといってもよいかもしれない。一方でこれに対極する思想として「目には目を、歯には歯を」という、いわば加害者が被害者に与えたであろう苦痛と同種同程度の罰を、法定された刑罰を科す。もちろんその適用については厳正公平なもので客観的に社会に容認されるものでなければならない、とする考え方がある。私が昭和20年代後半に法学をまなんだ時、前者を「教育刑主義」、後者を「応報刑主義」とよび、戦後においては前者が戦後民主主義とともに、その指導原理が支配的になりつつある、と云うことを知った。
法曹家としての道を歩かなかったので、今日これらの論争がどのような方向にあるのかは承知していないが、人間の複雑な心情は少数の有力な学説でははかりしることができないものがある。性善説・性悪説という断定は難しい。それだげに法を運用する裁判官の感覚というか感性がますます問われる時代になってきていると思う。そういう意味では裁判官はもっと娑婆のことを知らなければならない。したがって一面では弁護士の登用も必要だし、高潔な教養と世事に疎くない人材を育成すべきだと考えている。判決は求刑の8掛けが相場だと。だから求刑を上回る判決を言い渡せば、ニュースになるなんて噂は、私にいわせれば馬鹿げているといいたいし、事実かどうか、それを統計をとってみるご仁はどこかにいないものだろうか。
死刑廃止については後日卑見を述べたい。
                                                          ’03.01.08 記



教育制度について              
私はまもなく70才を迎える。いわば戦後教育制度改革の第一期生である。すなわち旧制中学4年生になるときに、新制高校1年生になった。いまの諸君は知っているだろうか?当時のGHQ(General Headquarters)の3S(three es)policy を。
知らない人はこの際承知してもらいたい。Screen Sports Sex だ。当時占領下の日本の教育制度はGHQ の民政局 がおこなつた。その局長はホイットニーといった。私たちの時代はその占領政策を実施しているかどうか監督指導する dean という制度があり、各学校には概ね社会科担当の教師がその任にあたった。
しかしこれは腰砕けだった。なぜならその学校に勤務する教職員が、その任にあり、かれら自身その職務内容を理解していなかった節がある。そして当時世間ではさかんに「自由と権利をはきちがえている」ということばが、一種の流行語となっていた。
やがて日本の敗戦後60年になんなんとする今日、アメリカはイラク占領後の政策を戦後日本の政策が成功したからその手法でやろうということにした、と報道された。1945年生まれの人はいま57才前後だ。おそらくまだ戦前の日本の空気を吸って育ってきたはずだ。戦後教育の根幹で否定されたのは、一貫して道徳だった。
                 
                      ’02.11.10記



大學の授業参観
 
’02.11.02の朝日新聞夕刊の記事である。企画したのはもと大倉高商だ。企画提案をしたのは49才の助教授だという。学生のなかにも反発があり、「出席を確約する父母も少ない」と。提案するまでの経緯はあるだろう。しかしだ。な〜んでそんな発想が出るんだ、といいたい。私は咄嗟におもつた。ああ団塊の世代だ。論評するつもりはない。
そんなことを発想する人が大學の教員をやるんじゃ、就職難にあえぐ学生が多く生まれるのも無理ないなと短絡的に考えてしまう。かつて某有名私大の教授が、落第学生を多数だしたところ、まず父兄からブーイングがおきた。そうすると経営があわてて、その教授を、評定を撤回するよう求めたという。真に学力をつけさせるという学者の良心をふみにじったのである。私学助成金とのかねあいであることは理解できるが。入学式に、卒業式に親が喜々としてそのセレモニーに参列する。中学はいまや義務教育となっているので、あえていうまい。高校でもおや!おや!と思うのに、大學までだ。下宿をきめるのにも親がついていく。それを唯々として受け容れる子女も子女だ。根元はそのように養育した親の責任だろう。これじゃマナーもエチケットも心得ない若者が横行していくのは無理もない。きょう町を歩いていて面白いものをみつけた。電信柱にマジックインクで達筆な字(その反対だよ)で、犬を散歩させる人びとに対する抗議の警告をしているものだ。つまり「君たちのマナーはなっとらん」と書いているわけだが、マジックで書いた人はマナー違反にならんのかいなと思った次第である。              

                    ’02.11.03記



コンプライアンスって?
  どうも遵法という意味らしい。昨今ビジネス用語として登場してきている。遵法なんて当然のことだ。企業がそれを尤もらしくいうこと自体、滑稽なことだ。経営者が毅然たる態度をとれば、自然に遵法精神がうまれる。そういう意味では、かつての国鉄労組がやった遵法闘争は、一般国民大衆になにをもたらしたか。これについては後日あらためて意見を開陳することにしたい。  
                    ’02.10.10