ise_sansankai.html

伊勢地方史(三傘会)


恩師のご逝去
      三ツ村先生は平成20年(2008)11月20日早朝に薬石効なく、天界へ旅立たれた。甘党の先生は糖尿を患っておられた。大正7年7月のお生まれて゛あるから享年まさに90歳、天寿を全うされたといえよう。穏和なお人柄は何人も先生の謦咳に触れんとするを望まない者はいなかった。先生は和歌山県は湯浅町のご出身で母方の先祖にあたる浜口梧陵(「稲むらの火」の五兵衛のモデル)の創設した耐久中学を修えて、伊勢の神宮皇學館に進学した。卒業後旧制三重県立津中学校の教師となるが、応召で中国での軍役ののち戦後復職して私たちの担任となられた。まだ独身でいらしたが、晴天の放課後にはグランドで陸上競技スタイルでランニングや槍投げのトレイニングをしておられたのを想いだす。私は翌日にインドネシア旅行(東南アジア民俗文化の旅)を控えていたので、欠礼したので弔辞の内容を知り得ないが、在職中は専門の国文学の教鞭をとられたのは当然として、図書館活動に熱心に取り組んでおられ、蔵書の充実を図ることもさることながらひとりでも多くの生徒たちが書に親しむ生活習慣を身につけるよう、熱意をもって指導された。いわゆる日教組活動については、戦後の過激な活動時期にあっても、距離をおくというか冷静に処しておられた模様だった。
       私たちが巣立ってから、他校に校長として栄進され同僚・生徒たちに惜しまれ(?)ながら津高を去られたのである。定年後は松阪大学地域社会研究所に奉職された。この間に『(竹川)竹齋日記稿』の翻刻や『勢州軍記』の注釈に情熱を傾けた。さらに江戸期の国文学者で松阪の本居宣長、津の谷川士清(ことすが)と併称される谷川について研究を深められかたわら県内の金石文を悉皆調査をするなど、還暦後の活動にいくつもの金字塔を樹てられたのである。まことに畏敬としか云いようのない、実のある人生を歩いてこられたのだ、との感を深くするのである。その中にあって私は80歳の声を聞いたそのときに、爺婆となった往年のガキたちに、いまいちどご出馬を願って、三傘会なる勉強会を立ち上げたのである。先生のご負担を考えて、四半期毎としたのであるが次回が待ち遠しくなるほどの愉しい勉強会であった。その内容はこのページに縷々述べてきたので省略する。帰国後12月4日にご尊宅にお邪魔して香華を手向けさせて頂いた。前夜遅く津入りし、ほとんど日帰りに近い状態であったが、奥様に葬儀欠礼のお詫びを申し上げて辞した。

先生、公私ともにほんとにお世話にあいなりました。どうか安らかにお眠りください。帰省の折には、阿弥陀寺にお参りさせて頂きます。さよ〜なら三ツ村先生!合掌!!

追而:以下は私の主宰するあるエスペラントクラブで12月6日の教材として書いたエスペラント文である。
    先生は生前、私が高校時代からエスペラントをやっていたのを記憶しておられ、1,2度話題にされたので、追悼の意味           を込めて書いてみた。場違いだが、掲載した。
  内容は一昨日郷里へ恩師の位牌にお参りしたこと。インドネシア旅行のため葬儀には参列できなかったこと。とても熱心な            先生でみんなに慕われていたこと。滂沱として涙がとまらなかったことなどなどである。最後のMi ではじまる文は合               掌の意である。   
   Antaux hieraux mi vojagxis al mia hejmloko por viziti domon de mia eksinstruisto,kiu mortis en la 20a de novembro. Kiam mi estis lernanto de malnovstila lernejo kaj novstila alta lernejo,li instruis min kaj  samgradanojn sincere kaj entuziasme pri japana lingvo kaj kulturo . Pro tio li estis estimata  kaj sopirata(慕う) de instruitoj. Li estis 90 jaragxo gxuste.  La funebla ceremonio okazis en la 21 k. 22a
de nov. Pro tio mi ne povis pregxi por li. Cxar  mi vojagxis al Indonezio dum la 22a gxis 29a.  Tiam senkonscie mi larmis (ekploris).
      Cxiookaze li estis tre bela k. eminenta instruisto. Mi interplektas manojn kaj pregxas.
                                                                    2008-12-5



学習活動休止    
三ツ村先生が長期療養体制にはいられたので、'05.11に生徒たちで相談の結果、先生の恢復まで様子をみることとして、学習活動は当分の間休止することになった。自主活動の話は積極的にはでなかったこともあり、また当初企図した伊勢地方についての中世史の学習は下記足取り記録のとおり、北(伊)勢地区を除いては一巡したことでもあり、各氏の意向も休会やむなしであった。先生の復帰まで、本ページは閉鎖することとする。        2006-01-19              



学習教材の足取り
三ツ村先生の体調がいまひとつのご様子なので、従来の教材の足取りを追ってみた。
第五世代「長恨歌」        楊貴妃ー白楽天    '04.7〜'05.4〜 
第四世代『伊乱記』        『勢州軍記』収載分より'04.1〜'04.4    伊賀地区
第三世代『志摩軍記』       『志摩町史』収載分   '03.4〜'03.10   南勢・志摩地区
第二世代『木造軍記』    久居市 引接寺所蔵本   '00.7〜'03.1   中(伊)勢地区
第一世代『怪談記野狐名玉巻一〜五』 谷川士清著  '98.1〜'99.10
例会は初期より1.4.7.10月と四半期に一回のペースできている。それぞれの終期と次世代の始期にズレがあるのは、その回は学習の実地体験の名目で遠足に行ったためである。松坂市の竹川家訪問、北畠氏の中・南勢地区の史跡臨地、久居市('05.4より津市)の木造氏の城跡等々の見学会である。                2005.7.24記


昨年より「長恨歌」をはじめた。あの楊貴妃を亡くした玄宗皇帝の心情を忖度して白楽天が作った大叙事詩である。この会の発足の目的は伊勢地方の中世史を学習しようということであった。しかしご高齢の先生の負担をかけてはということで、いつしか、先生お得意の漢詩をやるようになっている。国文学者として名高い谷川士清・本居宣長それに勝海舟のパトロンでもあつた松坂在の竹川家についてもご造詣の深い先生だが、なかでも漢詩についての講義は私たちをいつしか少年時代にタイムスリップさせてその謦咳に酔わしめるのだ。
  この夏にきてすこし体調をくずされて、恒例の7月例会を休会にした。温暖化の関係で殊の外炎暑のつづく昨今の気象状況だけに、はやく涼やかな秋風がふくのを祈る気持である。次回は10月なので、そのときはまたお元気な姿を拝見できるのではないかと、期待している。                                     2005.07.05記



「漢詩復習」『伊乱記』の学習がおえたので、'04.7.23は標題の学習にはいった。詩文の美しさに感嘆して、先生がそれぞれに文語詩をつくれ、とのお達しがあったが、白文の読みこなしもままならないわれわれのことにて、中学生の昔に戻ってみな下を向いて寂として声なし。ついに銘々宿題にされてしまった。李白・杜甫・孟洪然・王維ら西郷隆盛の「絶命詞」もあった。次回の書き込みをおたのしみに。   '04.8.31記




『志摩軍記』の出典について  私たちが利用している教材は複写したもので、その出典が明らかにされていなかった。手を尽くして調べたが類本は幾冊かあったが、原本に到らなかった。三重県立図書館に懇請して調査を願ったところ以下の要約が判明した。ここに記して感謝の意を表したい。
原書名:志摩町史*出版地:三重県志摩町*出版年:1978.10*その他:略 '04.5.1記  


『伊乱記』平成15年がまもなくおわる。私たちは良い師に恵まれた。平成16年よりは表題の書物をよむことになった。これは織田信長の圧力に抵抗した伊賀争乱の史実の記録である。伊賀国は、680,年に伊勢国から分出されたが、そのご一時伊勢国に併合された。再度分出された国だが、いろいろな歴史を秘めている。古代にあっては壬申の乱における大海人皇子(天武天皇)の東征のルートであった。中世にあっては(鎌倉)北条氏の縁類であった伊賀氏の反乱があり、近世にあっては信長暗殺の報を受けた徳川家康が難を避けて泉州堺から伊賀越えをして白子の浜より岡崎へ逃れたことでもしられる。
  伊賀氏の一件については未確認であることを断っておきたい。私の研究テーマのひとつとなっている鎌倉・室町期の高僧「夢窓国師の幼少期」の考究と、関わりがあるはずなので、その時に明らかにしたい。夢窓国師は伊勢に生まれたが、2歳のとき母方の祖父平政村の事件に巻き込まれて、親戚を頼って甲州に移住している。母の出自は伊賀氏と聞く。出生地についても鈴鹿とする説と安濃津とする両説があり、断定されていない。学界では夢窓国師の伝記としては伊勢で生まれ甲州で育つとしているか、伊勢については全く触れていないものもある。時期的に鎌倉期なので、平政村が執権北条政村かどうかが鍵になるわけで、それを解き明かす必要に迫られている。逆に北条氏は平氏なので、平朝臣として文書類に署名しているものがあるのは事実であるが、政村が執権と同一人物か同名異人なのかをまず解明しなければならないと考えている。もともと伊勢は伊勢平氏といわれている国柄であるから。中世では同名が随処にあり、いわゆる同名異人が散見されることも事実である。執権時代に現実に伊賀氏の乱があっただけに結論づけることに慎重を期したいと思っている。(伊賀氏に関する項は'04.01.07補記したもの)
五畿七道における伊賀国の位置づけは東海道に属する。現に近世の東海道はこの国を通過して近江に出、そして京三条にいたる。信長は石山本願寺攻めの翌1581年に伊賀を攻略している。伊賀勢は信長の敵ではなかった。秀吉は信長の死後天下をとって伊賀上野に筒井定次を大名として送り込んだ。伊賀国の首都は上野である。観阿弥・世阿弥
父子や松尾芭蕉が輩出したことで有名である。
『伊乱記』をまだ繙いていないので、よくわからないが、「木造軍記」で中勢地区を、『志摩軍記』で志摩地区をそして今度は伊賀地方の中世史を学ぶわけである。  '03.12.31記'04.01.07補記


志摩軍記の輪読は'03.10.03に終了した。戦国時代末期から近世にかけて、志摩国の国主としてまた九鬼水軍として武威を誇った九鬼氏は、九代長門守守隆の子の時代に庶嫡の争いが因で、1633年に摂津と丹波に転封となったことは前章にも書いた。庶腹久隆(隆尚とも)は隆季へ分知後の3万5千石をもって三田に移ったが、史料によると入封は3万6千石となっている。綾部の隆季は2万石で入封している。幕末時における三田はそのままかわらず3万6千石、綾部は1万9千5百石である。片や鳥羽藩はどうか九鬼氏のあと内藤氏→土井氏→(大給)松平氏→板倉氏→(戸田)松平氏→稲垣氏と目まぐるしく交替し幕末を迎える。この間一時7万石の時代もあつたが、1729年稲垣氏の代よりずっと3万石で推移している。明治17年7月7日(明治40年5月皇室令による新華族令)の華族令で三田九鬼氏・綾部九鬼氏とも子爵に列せられた。次回より新たなテキストで学習することになるが、北畠氏(木造氏を含む)が伊勢地方、九鬼氏が志摩地方であったので、次は伊賀国について学習すると、三重県の中世を地域としてひとなめ したことになるが、まだ教材はきまっていない。。
計算違いがなければ、今回で6年24回の学習を終えたこととなる。 ’03.10.05記

『志摩軍記』については2.4.7月の3回を終えた。九鬼氏の権謀術数を垣間見て、「お前もか」の感である。この軍記は当主嘉隆が織田信長、豊臣秀吉に仕えて九鬼水軍で名をあげたが、関ヶ原で西軍に属したため、東軍についた嫡子守隆は家康の命令に抗しきれず父子相争う修羅場を演じた。結局父は答志潮音寺で自害、長門守守隆は鳥羽城を安堵されたものの、父に背いた呵責で一時ノイローゼになるが。そのご大坂夏の陣(1615)で軍功をあげた長門守守隆は5万5千石の鳥羽藩主となる。寛永9年(1632)守隆死去にともない、家督を継いだ久隆のとき庶嫡の争いが表面化、嫡流(つまり庶男久隆が守隆の家督を継いだかたちになっている)は摂津三田へ、弟の嫡男隆季は丹波綾部に転封となった。このとき弟に2万石を分知している。明治になって末流はいずれも子爵を受爵している。物語はここで終わるが、7月の時点では嘉隆が大隅守と名乗り地侍から漸く歴史の舞台に頭角を著し始めるところまでである。        '03.08.16記




『木造軍記』の学習は'03.1に終了した。齢70にして、ふたたび師の講義を聴くのは実に愉しいことだ。三傘会の命名の由来だが、先生は大正7年7月の誕生日なので、お名前の頭の三と発足の年が丁度先生のお年が80才になられるため、傘寿にあたることから、三傘会と命名した。朧な記憶が、今回の学習でほぼ明確に地勢について理解することができた。先生はこんにちなお、この外に三傘会から派生した万葉集の勉強会を指導しておられ、津市の碩学谷川士清(タニカガワ コトスガ1709-76)の研究者としても知られる。士清は松阪の本居宣長(1730-1801)とも交わった。宣長の『古事記』、士清の『日本書紀』ともいわれている。三ツ村先生はまた、勝海舟の隠れたパトロンというかシンパサイザーであった松阪市郊外射沢(イザワ)の豪商竹川竹斉の日記を、松阪大學奉職中に共同翻訳して『竹斉日記稿』11巻を著し、片や『勢州軍記』を現代語に訳出されるなど、伊勢地方の中・近世について精力的に光を当てられた。四半期に一回の勉強会ではあるが、次回よりこんどは『志摩軍記』を学習することになつている。熊野海賊として知られる九鬼氏の事績が描かれている。
                                          ’03.02.10記



この会は
伊勢地方(三重県)の主に中伊勢地区(中勢)における14世紀から16世紀にかけて国司であった北畠氏とその一流である木造氏の事績を学習し、訪ねる為に1998.1.1に発足した。講師には三重県の教育界の重鎮ともいうべき、三ツ村健吉先生を戴いている。この会は四半期毎に三重県津市で行っている。

北畠氏に関する文献は多数公刊されているが、三重県郷土資料刊行会より『勢州軍記』上下巻(註訳三ツ村健吉) が発行されている。本書は三重県郷土資料叢書の第39集に収められている。ー但し限定出版ー 原典・活字・脚注が見開き頁に収載されており、古文書学習にも有益である。

また北畠氏一流の木造(こつくり)氏にかんしては、津市の南西部に隣接する久居市に、木造城址ほか遺跡が点在しており、その記録として『木造軍記』が非公刊だが、関係する引接寺(いんじょうじ)に所蔵されている。

青森県浪岡市に北畠氏関連史蹟がある。同県五所川原市に隣接する木造町(こづくりまち)は、浪岡の存在からその関連の有無が気になるところだが、全く関係がないことがわかっている。
                                            ’02.11.03記






照会先     03-3938-2789       大  井  



〈戻る〉