エスペラント

第103回 日本大会  2016.10.8~10
  機器故障のため起筆を中止していた。復活したので、改めて記事を書くことにした。表題にあるように今年は103回目の日本大会が滋賀県・近江八幡市で行われる。琵琶湖畔の風光明媚な土地柄で豊臣秀次が叔父秀吉の命で当地に城を構えたことで知られる。また隣町には織田信長の安土城址がある。近江八幡は江戸時代に朝鮮通信使が通行したことでも知られており、目貫の通りを外れると、なんとなく前近代の雰囲気を匂わせる風情のある町である。メンソレータム(現メンターム)の近江兄弟社も当地を本拠としている。大会の模様については、筆者も参加するので、閉会後にレポしたい。
  ところで下記項目の板橋エスペラントクラブについては、別途ブログを起ち上げているので、そちらも併せお読みいただけるとありがたいです。 2016.9.18記

再び
板橋エスペラントクラブのこ
私たちのこのクラブは1998年6月に発足しました。爾来学習を重ねてメンバーの中から日本大会への参加は当然として、世界大会やアジア大会に参加して研鑽を積み、かつはエスペラント活動への貢献をしています。日本大会は日本の各地で毎年、世界大会は世界の各地で毎年そしてアジア大会は3年に一度の割で実施されています。2007年8月に日本上陸100年をを記念して横濱で世界大会が挙行されたことは、このページで先に触れています。
 このページを読んだ人は一度見学にきてほしいものです。ローマ字綴りができる人はだれでもできます。ただ条件がひとつ。横文字を生理的に受けつけない人は、入口はたしかに易しいが、長続きしません。横文字アレルギーのない人であれば、のぞき、ひやかし大歓迎です。しつこく入会は.勧めません。鬱陶しい入会勧誘は私の趣味ではありませんから。
ローマ字を読める人へ!!!ちなみに次をなんと読みますか?
@Mi amas esperanton. AMi  estas  knabo.  @ミ アーマス エスペラントン
Aミ エスタス クナーボ
  英語で書くと@は I love esperanto. AはI am (a)
boy. となります。 当然コトバとして人類に共通して受け容れられるためには簡単な約束事があります。つまり文法です。しかし基本ルールはたったの16カ条です。それが人工語として世界で受け容れられた所以であります。百聞は一見に如かず。来訪をお待ちしております。毎月第一土曜日午前10時・板橋区成増社会教育会館03-3975-9706です。 照会は会長・寺嶋武 または クラブ員・大井眸です。spam メールが多いので、ここには電話番号を書きません。電話帳でお探しください。     2010-08-13記


日本エスペラント大会ー長崎         2010-08-12
本年は表記の大会が長崎で第97回目として開催される。我が国にエスペラントが導入されるきっかけとなった場所である。1902年にフランス人アルフォンス・ミスレルが英字新聞「長崎プレス」にエスペラント紹介記事を書いたのを嚆矢とする。10月9日〜11日に長崎ブリックホールで催される。
私も参加するが、その前に個人的に佐世保を訪れることにしている。ここは私にとっては1946年1月(昭和21年)米軍LSTで中国から引揚げ、上陸第一歩を記した
土地である。永年機会を待ち望んだが、跡地が記念公園になっているとの報に接したので、このエスペラント大会に便乗してノスタルジーで彼地を訪問してみることとなった。引揚げ列車は「南風崎」(はえのさき)から仕立てられた。ひとり千円を支給されてあてのない船路を行く思いで乗車したことを憶えている。時に旧制中学1年生であった。その4年後に私はエスペラントの存在を知り、独学をすることになった。途中ビジネスに忙殺されて中断したものの、今日まで続投している。不真面目なため、なかなか上達はしないが、ことばの世界を遊弋する楽しさを
忘れられず、老境にはなったがなお青年の意気でエンジョイしている。


ことばの世界 一極化と多様化                
2008-09-20
2008年は国連で決議された「国際言語年」である。私たちのクラブが発足して10年になるのを機に上智大学の木村護郎クリストフ准教授を招いて、表題のテーマで講演会を実施した。「ことばには強い言葉と弱い言葉がある。また話者の多い強大な言葉もあれば、少数民族のほんのひとつまみの地域にしか通用しないマイナーな言葉がある。いま世界には6千とも7千とも云われる言葉がある。グローバリゼーションが浸透していく中にあって、今世紀中に半減するであろうと云われる。つまり弱小言語がどんどん消滅していく現状に鑑み、この現象を食い止めていかねばならない。ことばは文化だ。一極化現象を阻止し、各国、各民族は母語を大事にするとともに、多様な文化を包蔵する非母語を尊重し、共生していくべきではないか。いわゆる大国は自国語を他国、他民族に押しつけてはならない。かつて日本もアイヌ・琉球に対してかれらのことばを放逐し、そして近代にあっては韓国・台湾をはじめ多くの被占領国にたいしておなじ愚を犯した。こんにちなおこのようなことが世界の各地で行われている現状をみて国連は世界に警告を発信したものと考えたい」と大要上記のようなはなしがあった。「」内は講師の話を筆者が脚色していることをお断りしておく。    
この記事を書いているきょう、10月24日はまさしく『国連デー』である 2008-10-24記


エスペラント日本大会                              
2007-10-26〜28
水上温泉で催行された。私も参加
した。内容は例年とかわらず。いずれ別項で書くことにしたい。                                                      '08.05.04記  



世界エスペラント大会                                                     
2007-08-04〜11
これまでも書いてきたが、ザメンホフが世界にエスペラントを発表してから20年後に日本にエスペラントが伝来して、100年になるのを契機に横浜で世界のエスペラント大会をもった。ホスト国のボランティアとして私も準備期間を含めて、2日から10日まで、ホテルに居続けをしてボランティア活動をした。
私は決して達者ではないが、
少年期に始めたこの言葉に魅せられいまだにその情熱を持続している。59ケ国1900人余が参加して感動的な世界大会であった。'08.05.04記



平和と言語                                                     
 2006-07-31
むずかしい話をするつもりはない。だが今回はやや辛口の話になる。エスペラントはそもそも言語の違いが、民族間の紛争をよぶのだ。だからことばをひとつにすれば、紛争も差別もなくなり世界に平和が訪れるという高邁な理想を掲げてポーランドのユダヤ人医師ザメンホフは考え、赤貧の生活にも耐えてこのエスペラントを発明した。しかしイラクはどうだ?シーア派とスンニ派とはおなじ言語だ(アラビア語?)。イスラエルとレバノンをはじめとする諸アラブ諸国(たとえばシリア、イランなど)との紛争は、これは言語は違うから
同根ではないがイスラエルは元祖ザメンホフの祖国だ。言語の違いも重要だが、むしろ宗教・イデオロギーの違いが紛争のタネになるような気がする。共通の言語があるのはもっとも望ましいところだが、それは平和をもたらすであろう一因子にすぎない。外国のことはさておきわが国の明治維新を想起すれば、言語だけでは平和は実現しないことは容易に理解できよう。
さて7月29日からイタリアはフィレンツェで第91回の世界大会が行われている。来年は横浜で第92回の世界大会が催される。しかし大戦がおきると、やはり催行されない。1905年がフランスで第一回だから、ことしは102回のはずだけれど、第一次世界大戦で4回、第二次大戦で7回計11回分空白の時期があった。世界には紛争が絶えない。アラブとユダヤとは2000年の紛争の歴史がある。今回の紛争も局地でおさまってくれれば、申し分ないが、人類のためにも不拡大を願ってやまないところである。エスペラントが理想でなく、真に平和の手段として活用される世界が訪れることを期待したい。


日本における
エスペラントの日          2006-06-12
1906.6.12日本にエスペラントの灯が点った。きょうはちょうど100年目にあたる、私たちエスペランチストにとっては記念すべき日柄である。つまりこの日は日本で公式に組織的なエスペラント運動がはじまった年である。そもそも日本にエスペラントが紹介されたのは、1896(明治29年)年であった
世界にこの言語が創始者ザメンホフによって発表されたのは1887(明治20)年だから、当時のわが国そして世界の通信事情からするとこれを速いとみるか、いや遅いとみるかは見解の岐かれるところであろうが、私としては前述のように日本エスペラント協会が設立発足したのが、日本に紹介されてから20年経っていることからすると、むしろ存外に速いという感じを持っている。紹介したのは長崎海星中学のフランス人の物理・化学の教師アルフォンス・ミスレル(1873−1953)という外国人であったとしてもだ。日本人としての学習者第一号は、1891年ドイツ留学中の動物学者丘浅次郎というひと(のちに学士院会員・動物学会会頭)といわれている。経緯・歴史については日本エスペラント学会('03.8.13拙稿にリンクあり)に譲るが、エスペラント界としてはこの日を記念して各地のエスペランチストがそれぞれの所属クラブでお祭りを
するのである。日本エスペラント学会においても当日、数十人が早稲田のエスペラント会館に参集してお祝いをした。記念講演としては「エスペラント日本語辞典」の出版、そして編集作業中の「日本エスペラント運動人名辞典」と題する講演があった。いずれも100年記念出版としての位置づけである。しかし100年の金字塔としての最大の行事は2007−8−04〜11に横浜へ招致する世界大会であろう。毎年世界のどこかで世界大会が行われる。各国60ケ国をこえる人たち約1500人が一堂に会して通訳なしで、交流しそしてエスペラントの世界普及への情熱を交歓し合う。母語を使わずにだ。1965年アジアではじめてだが東京で大会があつた。日本としては2007年が2度目の大会となる。いま組織を挙げてその受け容れ準備中である。エスペラントを知らないという人は是非門をたたいてほしい。

世界エスペラント大会
Universala Kongreso de Esperanto
7/23−30(現地時間)に第90回の世界大会がはじまりました。62ケ国から2230人のエスペランチストが参集しました。近年になく多い人数です。これはエスペラント語の創始者L.L.Zamenhofが開催地ブィリニュスの街で生活したことにも関係があることでしょう。日本にとってはあの杉原千畝氏がユダヤ人に国禁を犯してビザを発給し続けたゆかりの町でもあります。詳しくは「日本エスペラント学会」のホームページにアクセスしてご覧になってください。                      2005.7.24記


板橋エスペラントクラブ
Itabashi-Esperanto-Klubo  略称IEK
このクラブは1998.6に発足しました。略称はイーエーコーと発音します。5人ではじめたのですが、仕事の都合でひとりが抜けて現在は4人で毎月第一土曜日の午前に集会をしております。この度縁あって2人の仲間が増えました。ひとりは新人、ひとりは数十年前に学習歴のある人です。7月の第一土曜日に新しく見えた方にオリエンテーションをしました。その時にも申しあげたのですが、発音も大事、文法も大事、ですが、まず習うより慣れろ
の姿勢でやつてください。実用性云々と世間では云いますが、なるほど
その一面は否定しないが、まず扉を叩いてそしてナニモノカ?をたしかめてから、批判をしてくれと世間に云いたいのですと。しばらくさぼりましたので、きょうはこのへんで。                  2005.07.05記

EUではいま!! なにが?
共通言語をどうしょうかということです。結論からいうとエスペラントを共通言語にしてはどうかと議論されています。それはこういうことです。ことしの5月からEU加盟国にあらたに10ケ国が加わることになり、じつに25ケ国がその構成国になります。そこで言語問題がでてきました。EUではご承知のようにすでに共通の通貨をきめ、流通しております。言語をどうするか、同時通訳のコストを考えると、また英語を共通語にすることについては、これを歓迎する国ばかりでないことは
ご理解できると思います。しかしいわゆる大国は英語至上主義です。
そういうわけで、ヨーロッパにおける言語問題は日本以上に深刻な問題になりつつあります。
  そこでいまヨーロッパのエスペランチストたちはそれを解決すべく、
「ヨーロッパエスペラント民主党(仮称)をたちあげて、EU議会の選挙に立候補することになりました。結果はわかりませんが、2004年は
言語問題に関しては画期的かつ歴史的な時点になることとおもいます。 '2004.4.17記


エスペラント世界大会が日本で!!

第92回世界エスペラント世界大会が'07年に日本で開催されます。2003.12.31記
場所は横浜の予定です。1996年に日本に始めてエスペラントがもたらされました。丁度100年の節目にあたるので、今日本中のエスペランチストが記念行事をどうやるかということで、議論が沸いています。その最大のイベントが世界大会の招致です。日本では1965年に第50回世界大会がアジアで始めて催されました。場所は東京でした。こんどは日本では2度目になります。アジアでは東京以後’86に北京(71回)、’94にソウル(79回)、そしてことし2004年は再度北京で開かれますから、横浜大会は第92回としてアジアで五度目の世界大会となります。正式にはこの夏の北京大会中の役員会で決まることになります。
 このことについては関係者がいろいろな手段で広報をしていくことになりますが、このページでも別の角度から、あまりむつかしくないスタイルで広報していくことにします。
詳細は2004年に追々お知らせします。 

JABE(Japana Asocio de Blindaj Esperantistoj)について
    '03.09.27
(ヤパーナ アソチーオ デ ブリンダイ エスペランチストイ)と読みます。
訳して「日本盲人エスペランチスト協会」の意です。日本点字図書館が高田馬場駅より徒歩5分のところにあり、去る9月25日にスウェーデン第二の都市ヨーテボリで開かれた「第88回世界エスペラント大会」に参加された盲人エスペランチストの報告会がありました。世界各地から盲人エスペランチストが世界大会会場の近所で同時開催される「世界盲人エスペランチスト大会」にも参加されます。日本からは1968年に賀川トモキチ氏が
ハンブルグに参加されて以来の、じつに35年ぶりの日本人エスペランチストの参加となりました。しかも5人の盲人が参加され、井崎女史(後出)の話にもありましたが、画期的快挙といえることでした。私は実は盲人の方たちのこういった催しには初めて参加したのです。もちろんエスペラント以外の世界を含めてです。従って若い時分からこういったハンディキャップを持った人(エスペラントではhandikapuloーハンディカプーロ)との接触の仕方も下手というかどちらかというと苦手なのであります。しかし今回大会に参加された人たちは生来盲人もおられましたが、むしろ事故・弱視等で後天性盲人の方がおおかったのです。それだけに、いくら介助が必要といっても殆ど自力旅行に近い状態で海外にいかれ、北欧圏の盲人の生活や活動状況を具に見聞(まさしく見聞といえよう)してきた結果を報告された、ことにはずかしながら感動をおぼえました。自分は晴眼者の視点でしかモノを考えていなかったということが、はずかしいというわけです。多くの外国人エスペランチストとの交流や、盲人に対処する各国行政の態様など、参考になることが多々ありました。いま日本のエスペラント界では、冒頭にあるような組織をもっており、菊島・井崎・本田さんという3人の晴眼者の女性たちが、献身的にサポートする活動をしておられます。handikapuloに対する対応のあり方について大いに学んだ一夕でありました。ご紹介を兼ねて報告(raportoーラポルト)いたしておきます。


世界のエスペランチスト人口のこと’03.08.16
以下はこの道の先輩たちのお話です。それをご本人には無断ですが、紹介したいと思います。8年前に”ドイツの波”という放送が
世界のエスペランチスト人口は300万人と報じ、4年前にシュツットガルトでヨーロッパのエスペラント大会がもよおされたときに、ドイツの無線放送局が同じ数字を放送していました。これはドイツに永年居住しておられるある日本人の方のお話です。また前段の記事の中に書いた世界エスペラント協会の現会長Renato Corsetti 氏が米国のCulvert 教授がおよそ200万人とする論文を紹介しています。しかし(会長)ご本人は「実際のところよくわからない。が私はおよそ100万人くらいではないかと思う」といっております。さきほどの日本人某氏が「(先ほどの放送内容を紹介しながら)エスペランチストよりも非エスペランチストのほうが数字について楽観的だよ」という話を紹介してひとまず、人口論を終わります。
私自身も数字については余りこだわりませんが、日本が1万人とすると、60数カ国以上に所属するエスペランチストがいる現状からすると、またエス人口の多い東欧圏や中国などを顧慮すると
100万人という推定値はまずまず肯けるのではないかと考えています。                   '03.08.16記

ー8.13付「活動について」のつづきー'03.08.15
結論から云いますと、正確な数字はわかりません。いま世界に英語をしゃべる人がどのくらい、いやしゃべれる人はどのくらいいるだろうねという質問があったらどう答えますか、というのとまあ、同じじゃないでしょうか。
私はこう考えています。
エスペランチストとは、という設問があったとします。すくなくともエスペラント語を学習したか、しているか、そして今学習をしているか、あるいはしてないまでも肯定的に見守っているという人たち
は立派なエスペランチストだと思います。流暢に話せるかどうかは2の問題だと考えます。
いまオランダのロッテルダムに世界エスペラント協会という機関があります。Universala Esperanto-Asocio(ウニベルサーラ
エスペラントーアソチーオ)と読みます。そこで発表というか、
宣伝というか、私が承知していることは現在世界でどのくらい
のエスペランチスト人口がいるか。世界人口の0.02%だということです。大ざっぱに言って今世界の人口は50億人と云われています。とすると100万人が0.02%です。じゃ世界レベルの話は別として日本にはどのくらい?世間(といっても私たちエスペランチスト仲間の世界でということ)では約1万人といわれています。いま日本の人口は120百万人です。割合はどうか。0.01%でしょう。日本は平均的だ!といわれています。しかし、しゃべれるのは500人に充たないという人もいます。スジガネいりのエスペランチストの言ですが、これも不確かですが一面の事実でしょう。
しかし私はそうは思わない。こんにち、世界の状況はどうでしょう。これについては次項で話します。しかし、あまり数にこだわるのもどうかな、と思います。その答えが次項で紹介する
Kosmopolito(コスモポリート 英語のcosmopolitan)の意見です。
                            '03.08.15記

活動について 
     ' 03.08.13    つい先日東北地区の女子中学生から自由研究でエスペラントのことを纏めたいから、いろいろ教えてほしい、と私たちの仲間にメールがはいりました。私はエスペラントをはじめたのは高一でしたからとても興味深くよみました。いくつかの質問の中に「いま世界ではどのくらいの人たちがエスペラント語を話していますか」つまり言い換えるとエスペランチストはどのくらいいるかということです。私も始めたころ同じ疑問をもちましたので。
実はこれはやさしいようで難しい質問です。母国語の違う人達と不自由なくしゃべれる人、自在に研究論文を書ける人、他の外国語同様エスペラントで聞いてエスペラントで答えるつまり会話でアタマのなかで一旦日本語というフィルターを通さないでそのまんまで応酬することのできる人、初級・中級・上級という教本がありますが、初級はなんとか終えたが会話まではとてもとても、自己紹介がやっとという人、そういえば昔若い頃やったけどいまはぜーんぜんという人、やるにはやったが、結婚や仕事で中断してまた1からやりなおしという人たち、世界旅行するためにエスペラントを一生懸命学びそしてそれを実戦している人たちといったように様々な人がいます。いわゆる母国語ではないので、「ワタシはエスペランチストですよ」と名乗るか、その種の団体等に所属していないとわかりません。すこし長くなりましたので、きょうはこのぐらいにして、ごくごく近いうちに続きをかきます。外国からの反応もいれてお話することとしましょう。
                        '03.08.13記


エスペラント
とは希望する人という意味で、世界共通語としてこの言語を使用する人たちをエスペランチストと呼びます。これは1887年ユダヤ系ポーランド人眼科医L.L.ザメンホフ博士(1859-1917)が世界に発表しました。こんにちエスペランチストは世界約120か国にわたり、使用者は50〜100万人といわれています。日本には公式には1906年に伝わりました。こんにち国際共通語としてその地位を確立しておりますが、この間国の内外で奨励・迫害・禁止等の苦難の歴史もありました。日本には多くのエスペランチスト団体がありますが、その代表格として新宿区早稲田に
(財)日本エスペラント学会があります。日本および諸外国の事情・運動・やさしいエスペラント語解説等々の詳細は、この学会のホームページで知ることができます。また国内諸団体の多くはこの学会にリンクをはっています。本ページもかたちが整い次第リンクをはる予定です。


【その1】
このページは、むずかしいことはやめてローマ字を読める人なら、そして横文字や外国語が苦手なひとでも、つまりだれでも理解してもらえるような話をするつもりです。
エスペランチストは人類みんなが、幸せになるためには、まず言葉の壁をなくさないといけないということで、主としてヨーロッパの言葉を下敷きにして、作られた人工語です。19世紀にはこのような考えからいくつかの人工語が世界に発表されました。しかしいずれも一長一短あって、こんにち Ido 語ということばがありますが(正直私もどんな言葉かしりません)、それ以外には世界に普及しているのはこのエスペラント語だけです。国によってエスペランチストは多かったり、すくなかったりしますが、毎年世界のどこかの都市で、世界中のエスペランチストが集まって、エスペラント語をつかって研究会や討論会や科学についてやお芝居やそして遠足や旅行を楽しんで、連帯を強めています。大会が終わるとそれぞれの母国に帰るわけですが、みんながもっともっとエスペラント語の理解を広めてエスペランチストをふやして平和に貢献しようという思いを抱いて帰国するのです。
  

きょうは 広辞苑 にでている エスペラント を引用してページを閉じます。
「各国語に共用されている単語を採ったもので、字母は28、その単語数は1900に
止まるが、造語法もあり、文法的構造はきわめて簡単。1887年の公表で、明治39年(1906)我国にも日本エスペラント協会が起って以来、普及運動が行われている」

p.s: 折りにふれて その2,その3 とつづけますが、いつなにを ということは全く考えていません。エスペラント語愛好者のひとりとして、このページでみなさんに広報出来ればいいなとおもって、書いていきます。

照会先       大 井      '02.10月記