江戸期おんな考の世界(女性史)

桂文庫  主宰 柴 桂子

この頁の内容
★沿革と概要
★『江戸期おんな考』(創刊号〜第十五号)各号目次
★『江戸期ひと文庫』シリーズ(一番〜六番)各目次
★『近世女性双書』シリーズ(第一巻・第二巻)各巻目次
★『江戸期おんな史料集』一
沿革と概要   創立平成2年      
( ★論考集『江戸期おんな考』は平成16年第15号の刊行を以て休刊とした。以降は柴がこれまで蒐集した資料類を翻刻出版する活動に軸足をスイッチすることとなった。このため資料集等に関する記事は今後江戸期「おんなの旅日記」と称するページを併せご参照いただくようお願いしたい。括弧内記事は平成18年1月31日書く。)
   江戸時代の女の具体的な生活の様相を、描いたモノは存外に少ない。江戸時代は『女大學』に象徴される様に、妻・母の立場が強調されしかも被抑圧者(?)としての位置づけが浮き出ていた。
   然し江戸時代女はわれわれの認識を遙かに超えて自由に生きていた。言い方をかえれば、貧困にあえぐ階層がある傍ら、旅行に文学に恋に生きたいわば恵まれた階層の女たちもいたのである。桂文庫を主宰する柴桂子はこれらを証する古文書を全国に求めて発掘を続けている。このページは年刊誌『江戸期おんな考』に掲載される研究論文を紹介し、旁々全国に同調研究グループの輪が拡がることを期待して開かれ
ている。


活動内容 
   江戸期の女性たちが書き残した作品(日記、 詩歌、俳諧、紀行文など)を解読し、翻刻する。新発掘の史料や翻刻した作品を中心に論文や小論を、年一回発行の雑誌『江戸期おんな考』に発表する。
     論文発表や編集作業への参加は自由。年一回、その年に発行した雑誌の発表会を兼ねた合宿研究会を各地で開催する。それに伴い、歴史散策も行う。
    なお上記とは別に東京会員を中心に「東京桂の会」があり、江戸時代女性の古文書を読んでいる。具体的な活動内容は下記「定例活動他」を参照してください。


定例活動他 
桂文庫 会誌『江戸期おんな考』の出版 
一般会員年額2千円 会誌1冊配布会誌へ投稿できる
波紋の会会員年額1万円会誌6冊配布 会誌へ投稿できる
*2004年の第十五号をもって休刊としたが、あらたに柴コレクション  の資料集等の公開出版を検討している。

桂の会 活動*江戸期の女性の古文書を読む  
  月1回 土曜
   
原則  第一土曜日の午前10時〜正午まで;
         午後の部は1時〜3時まで
            *一方でも両方でも参加は自由。
    場所  
男女共同参画センター内【らぷらす】北沢タウン
            ホール11F世田谷区北沢2−8−18  
   会費  月500円
       
 


上部加盟団体 東京都生涯学習財団  団体登録済
          登録情報は「東京都生涯学習ホームペ
           ージ」閲覧参照。
                http://www.syougai.metro.tokyo.jp/
                    検索ジャンル=教養・文学  桂文庫  

  

入会手続き照会先 03-3938-2789事務局大井まで    


寄贈及び市販先
 国立国会図書館issn1343-6821 早稲田大学図書館 
 学術文献刊行会 国立女性教育会館 国文学研究資
 料館 大阪府立中央図書館 東京大学史料編纂所 
 旅の文化研究所 ノートルダム清心女子大學生活文化
 研究所 (株)岩田書院   

 店頭販売 書肆アクセス(地方・小出版流通センター)
           千代田区神田神保町1/15
                                       電話03−3291−8474 
 一般書店の扱いはありません。    

        


『江戸期おんな考』バックナンバー
   在庫状況
     11号(平成12年)   少々    ¥1500
     12号(平成13年)   少々    ¥1500  
     13号(平成14年)    少々    ¥1500 
     14号(平成15年) 10/1発行  ¥1500   
     15号(平成16年) 10/1     ¥1500                            照会先  事務局

目   次    既刊分バックナンバー目次は後出。
14 号(平成15年)   
巻頭随想私の願い・別所真紀子
論文 相良領内 隠れ真宗の女性たち・井上道代*近世庶民の生涯指針と随年教法・小泉吉永*国島勢以と『庭すずめ』(下)浅野美和子*女性の移動ー江戸四谷塩町一丁目の場合・桜井由幾*紀行文にみる遠州地方のくらしー農間稼ぎと女性の性を中心にー・小和田美智子*
女の史料 稲村喜勢湖『松の戸の日記』(翻刻)・史の会*「浅間記」(翻刻)・東京桂の会*「浅間記」について・古屋祥子*井上政子「たびのに記」(他飛逎珥記)(翻刻)・倉敷古文書の会、田中鈴*井上政子と「たびのに記」・宮口公子*『市女笠』(翻刻)・東京桂の会*『市女笠』について・大井多津子*
歴史の窓
 再び江馬細香について・門玲子*近世の夫婦別姓への疑問・柴桂子*芳野金陵「孝婦伊津伝」について・山口晢子*池上本門寺探訪・神山和子*
近世女人文人風土記
  
肥後国の巻(熊本県)・山口晢子*武蔵国の巻(埼玉県)・清水貴子*

文庫・史料館めぐり
  山東町立柏原宿歴史館・柴桂子*
かわら版  近世女性の資料展   二宮尊徳資料館企画展「二宮ふみ」*東京国立博物館『大日蓮展』ー自昌院巻物ー*近世女性史講座・小泉吉永「女筆の時代と女性たち」*
                                                                                     

『江戸期おんな考』
既刊目次

創刊号
  平成2年
創刊の辞   柴桂子  
論文 
  近世女たちの災害見聞録・柴桂子*女流詩人 江馬細香覚え書 ー『湘夢遺稿』「詩稿」を中心としてー・門玲子*りゅうぜん(漢字説明:女偏に留、女偏に全)喜之の生涯ー如来教教祖ー・浅野美和子*相州高座郡羽鳥村名主の妻の役割ー慶応四年 三觜はる・ていの日記からー・増田淑美*  
近世女人文人風土記
   信濃の巻(長野県)   
女の史料(一)
  ー吉野みちの手紙からー・増田淑美 

第二号  平成3年
論文  
  俳諧にみる江戸期の女性の参加と成果・別所真紀子*女性たちの書いた江戸前期の女子教訓書・柴桂子*江戸女流文学を読む(一)・門玲子*吉田の歌人岩上登波子について・安藤くに子*女流俳人 華鏡井燕志ー『浜ゆふの記』『笠の塵』についてー・松崎潤子*近世蝦夷地における女性の存在形態・海保洋子*近世後期尾西地方の女たちーその労働と生活ー・浅野美和子*維新期に死をもって自らを貫いた女たち・皆川勝彦*
近世女人文人風土記
  筑前・筑後・豊前の巻(福岡県) 
女の史料

  大坂屋治右衛門母豊女の『善光寺道中日記』・杉本恵子*

第三号  平成4年
論文 
  女性たちの書いた江戸後期の教訓書・柴恵子*『言葉』 (エクリチュール) を獲得した市井の女たち・別所真紀子*島原「輪違屋」の遊女桜木について・矢萩美也子*埋もれた勤王女流歌人 中山三屋・柴桂 子*中興女流俳人 榎本星布ー「星布尼句集」よりー・松崎潤子*江戸女流文学を読む(二)ー井上通女の思想と文学ー・門玲子*幕末期武州多摩郡柴崎村の尼と尼寺・増田淑美*  
近世女人文人風土記
  常陸国の巻(茨城県)  
女の史料
  中村いと「伊勢詣の日記」・片倉比佐子
歴史の窓 
  弘治二年前後の松平元信ー結婚前男子出生説の再検討ー・小和田美智子*吉野太夫を偲んで・奥田正叡*山田音羽子『お国絵巻』を読んで・森田淳子

第四号  平成5年
論文
 
  篠田雲鳳と弘前・田澤正*句と仏とー志燕尼雑考ー・柴桂子*教訓書に見る近世の再婚観と託静の『再縁訓』・小泉吉永*化政期の女流俳人ー晩年の星布と花讃女ー・松崎潤子*浜藻追跡ー「言葉」(エクリチュール)を手にした市井の女たち補遺ー・別所真紀子*江戸女流文学を読む(三)ー正親町町子著『松蔭日記』ー・門玲子*  
女の史料 
  秋田の歌人 後藤逸女(イツジョ)・伊澤慶治*東路記 高祖妣御記 全・知る史の会*前田芳春院と「東路記」について・門玲子*松が岡史料・小林義明*  
歴史の窓  
  女性人物史の方法覚書・浅野美和子*万能の才媛内藤充真院・甲斐勇*能登の女流俳人 森岡文遊・皆森禮子*毛内滝子と『愛桜亭家集』・柴桂子* 
近世女人文人風土記
  尾張の巻(愛知県)

第五号   平成6年
論文 
  禊教祖井上正鐵と門人三浦知善ー法の子を産むー・荻原稔*俳諧にみる江戸期女性の生活の変容(一)・別所真紀子*『女大學』と柏原屋清右衛門・小泉吉永*広瀬秋子・柴桂子*幕末の社会変動と娘の身売りー東海道駿府二丁町に売られた娘たちー小和田美智子*鈴木平九郎日記に見る子供の病気・増田淑美*江戸女流文学を読む(四)荒木田麗女の文学的世界ー日本の古典と中国の小説とー・門玲子*
女の史料  
  「美や(漢字説明:王+耶)顧(みやこ)紀行」ー「(みやこ)紀行」と辻家の人々についてー・松崎潤子*「俳諧 袖みやげ」ー森岡や(漢字説明:王+耶)卜・文遊の足跡を辿ってー・皆森禮子*  
歴史の窓 
  秋田が生んだ閨秀俳人〜三輪翠羽女・伊澤慶治*秋田にゆかりの才媛書家〜稲葉鯤女・伊澤慶治*『松のはやし』と南部明子・菅原雪枝*
近世女人文人風土記
  上州の巻(群馬県)

第六号  平成7年    
論文
 
  俳人藻舎浪兮女・小林文夫*近世尾西地方における家の変化と女性・浅野美和子*俳諧にみる江戸期女性の生活の変容(二)・別所真紀子*江戸期の婚礼関連書・小泉吉永*江戸の女性文芸家たち・片倉比佐子*二宮文ー尊徳の事業に協力した娘ー・柴桂子*江戸女流文学を読む(五)ー荒木田麗女の文学的世界・日本の古典と中国の小説と(続)ー・門玲子*
女の史料  
  「菊地民子日記」ー「日記」の翻刻を終えて・菅原雪枝*「信濃のみちの紀」・東京桂の会*『枕臂集』と「信濃のみちの紀」について・大井多津子*
近世女人文人風土記
  出羽の巻(秋田県)  

第七号   平成8年
論文  
  上田甲斐子ー和歌作品に見るその生涯ー・浅野美和子*「石原記」に見る大名夫人の日常生活・柴桂子*中興女流俳人 榎本星布ー『星布尼句集』以後の星布ー・松崎潤子*俳諧にみる江戸期女性の生活の変容(三)子どもー家庭教育として・別所真紀子*近世刊行の女筆手本について・小泉吉永*江戸女流文学を読む(六)只野真葛 その文学と思想ー孤独な挑戦者ー・門玲子*
女の史料  
  ちへ出府嘆願の記録・史料解説・小和田美智子*「矢部正子和歌小集」・文月の会*「矢部正子和歌小集」とその人・岩月彰枝*
歴史の窓  
  勝海舟に投げ文を送った女性・安藤くに子*千代女の晩年に寄り添った相河屋すへ女・皆森禮子*     
近世女人文人風土記
  吉備の巻(岡山県)

第八号   平成9年
論文   
  近世の関所と女改め・切池融*「言の葉草」に見る大名家未亡人の日常生活・柴桂子*居初津奈の女用文章・小泉吉永*女流狂歌作者とその作品を読む・松崎潤子*一茶関係俳書にみる女性俳諧師・別所真紀子*俳人朝野三輪女の回りを巡る・浅野美和子*
女の史料  
  「船路往還記」上巻・東京桂の会*「船路往還記」について・荒井澄子*「鸚鵡庵道記」加賀の俳人素心尼について・皆森禮子*
歴史の窓  
  小谷三志の女性論と鳩ヶ谷の二人の女・岡田博*犯科帳の遊女たち・福嶋やす子*「月華日記」にみる冠付けの和歌・三浦文子*
近世女人文人風土記
  駿河・遠江・伊豆の巻(静岡県)

第九号   平成10年
論文  
  文人画家奥原晴湖・マーサ・マクリントク*ジェンダーで歴史を読むー『桑柏日記』にみる女と男の関係ー・浅野美和子*儀三郎日記から・増田淑美*江戸時代のよそおいーノートー・山本春美*近世女文における「かしこ」ー女筆手本類からの一考察ー・小泉吉永*天明期の狂歌と女流作家・松崎潤子*貞心尼の生涯と和歌・帆刈喜久男*徳川慶喜の母貞芳院吉子と奥女中西宮秀・柴桂子*
女の史料  
  秩父すむらいの記・東京桂の会*「秩父すむらいの記」について・大井多津子*書状で見る藩主側室えらび・鳥取近世女性史研究会*千代女の陰にかくされた坂尻屋珈凉『渡り鳥』・皆森禮子*遠州県門の一才媛ー森繁子の八重襷歌ー・山田久次*「はこね日記」・史の会*「はこね日記」抄・安田益子・小暮雅子・五味寛子・長谷川郁子*
歴史の窓  
  たよ女について高校生達はどのように学んでいるのか・本多節子*「三井傳左衛門家文書」より 母と娘の手紙ー弘化三年(一八四六)ー・関房代* 
近世女人文人風土記
  越後・佐渡の巻(新潟県)

第十号   平成11年
論文  
  禊教祖井上正鐵の妻 安西男也・荻原稔*女訓書「続人名」について・増田淑美*官女流罪事件(猪熊事件)の一側面・木村洋子*油谷倭文子家集「散のこり」岩月彰枝* 
女の史料  
 「杖の祝ひ」・倉敷古文書の会*藤みほ子「筥根日記」(翻刻)・史の会*「筥根日記」史料解説・長谷川郁子*わが家の「道中日記」・清水貴子*「高原院様御道の記」(翻刻)・東京桂の会*「高原院様御道の記」について・大井多津子*
歴史の窓  
  加賀千代女「吉崎紀行」の足跡を追って・皆森禮子*後藤逸女の形見「都鳥」と小山田家おんな三代の記・大井多津子*
近世女人文人風土記
  豊後の巻(大分県)

第十一号   平成12年  
論文
  近世女性礼法の源流ー『女房筆法』と『女房進退』を中心にー・小泉吉永*女寺子屋師匠の生活ー黒沢止幾子の日記にみる寺子屋教育の様子ー・安蔵良子*日尾直子とその周辺・片倉比佐子*荷田蒼生子と家集『杉のしづ枝』(一)・岩月彰枝* 
女の史料
  在地代官と村方騒動ー「悪女の縁に迷わされ」ー・藤田恒春*只野真葛の夫伊賀あて書簡・門玲子*弄花女 その後・倉敷古文書の会*弄花女と私・松井保江*森本都々子『諏訪日記』(翻刻)・東京桂の会*『諏訪日記』について・大井多津子*
歴史の窓
  江戸時代のよそおいーノートUー・山本春美*葵三代姫たちの結婚ー
家康もう一つの大名統制策ー・柴桂子*
近世女人文人風土記
  下野国の巻(栃木県)
 
第十二号   平成13年
論文
  豊臣・徳川に仕えた一女性ー北の政所侍女孝蔵主についてー・藤田恒春*指田日記の婚姻を廻って・増田淑美*続女大学ー『女大学』に似て非なる「異種女大学」ー・小泉吉永*江戸期女性たちの伊勢参詣ー女性たちの旅日記を中心にー・柴桂子*荷田蒼生子と家集『杉のしづ枝』(二)・岩月彰枝* 
女の史料
  只野真葛あての妹萩尼からの書簡(翻刻)門玲子・森田淳子*萩尼の書簡について・門玲子*書かれた女ー小塚直持日記からー・浅野美和子*武元はな「西国巡礼道の記」(翻刻)・佐々木洋子*武元はな「出雲道の記 ひとり笑ひ」(翻刻)柴田ミツル*武元はなと道の記について・宮口公子*二ノ御印「木曾道おぼえ書」(翻刻)・鳥取近世女性史研究会*
「木曾道おぼえ書」について・鳥取近世女性史研究会*「藤井氏女記」(翻刻)・京都桂の会*「鈴子日記」(翻刻)・東京桂の会*「藤井氏女記」と「鈴子日記」について・倉本京子*
歴史の窓
  『御湯殿の上の日記』にみる女院の生涯ー新上東門院勧修寺晴子ー・木村洋子*
近世女人文人風土記
  安房・上総・下総国の巻(千葉県)

第十三号   平成14年
論文
  禊教祖井上正鐵の流謫生活と水汲み女お初・ 荻原稔国島勢以と『庭すずめ』(上)・浅野美和子艶書と散らし書き・小泉吉永日記に見る元治甲子の乱ー元治元年・黒沢止幾子の『日用重宝記』からー・安藤良子*  
女の史料
  賀茂真淵筆「乞巧奠」草稿・門玲子賀茂真淵筆「乞巧奠」草稿について・ 門玲子戸沢瑞子の「旅日記」(翻刻)東京桂の会戸沢瑞子の「旅日記」について・ 大井多津子『片玉集』の中の女の史料について・倉本京子*
歴史の窓
 『姥ざかり花の旅笠』と『東路日記』・史の会女刀工 大月源・宮口公子*松平露の六歳の生涯と追悼集によせて・柴桂子  
近世女人文人風土記

  美濃・飛弾国の巻(岐阜県)*相模・武蔵国の巻(神奈川県)

第十四号   平成15年  
論文
 相良領内 隠れ真宗の女性たち・井上道代*近世庶民の生涯指針と随年教法・小泉吉永*国島勢以と『庭すずめ』(下)浅野美和子*女性の
移動ー江戸四谷塩町一丁目の場合・桜井由幾*紀行文にみる遠州地方
のくらしー農間稼ぎと女性の性を中心にー・小和田美智子*
女の史料

  稲村喜勢湖『松の戸の日記』(翻刻)・史の会*「浅間記」(翻刻)・東京
桂の会*「浅間記」について・古屋祥子*井上政子「たびのに記」(他飛逎珥記)(翻刻)・倉敷古文書の会、田中鈴*井上政子と「たびのに記」・宮口公子*『市女笠』(翻刻)・東京桂の会*『市女笠』について・大井多津子*
歴史の窓
  再び江馬細香について・門玲子*近世の夫婦別姓への疑問・柴桂子*芳野金陵「孝婦伊津伝」について・山口晢子*池上本門寺探訪・神山
和子*
近世女人文人風土記
  肥後国の巻(熊本県)・武蔵国の巻(埼玉県)

第十五号   平成16年       
巻頭 『江戸期おんな考』第十五号を迎えてのお礼と休刊のお知らせ
                                      柴 桂子  
論文 
 圓月祐清尼の『善光寺之日記』について・牛山佳幸*相良史を歩いた女性たちー江戸初期・相良清兵衛の娘明窓院を中心にー・井上通代* 『お湯殿の上の日記』にみる明正上皇・木村洋子*我意を申す女ー「赤尾惣五郎石井村松五郎滞一条控帳面」と「かね人別一件諸事控」の史料紹介をかねてー・小林成子*「善光寺参詣詠草」と小林るせ・古屋祥子*神戸氏もと 夫看病の記(仮題)・浅野美和子*黄表紙 黒鳶式部作歌麿画
『他不知思染井』(翻刻)・知る史の会*黄表紙 黒鳶式部作歌麿画『他不知思染井』について・門玲子、松崎潤子、森田淳子
女の史料
  「春抗院高岸妙遊大姉四国巡拝旅日記」(翻刻)・小野ひさ(矢掛古文書愛好会)*石井春光院の四国巡拝・宮口公子*藤みほ子「鹿野の山ふみ」史の会*「身延紀行」(翻刻)・東京桂の会*『片玉集』の中の女の史料
ー本清院寿子と「身延紀行」・倉本京子*市原多代女の『江戸案内』文政六未年(翻刻)・大井多津子*市原多代女の『江戸案内』について・大井多津子*関喜久子の日記・宇佐美ミサ子*日尾家女三代の作品・片倉比佐子*菊池民子の長歌(翻刻)・小和田美智子*民蔵の妻への二通の手紙・清水貴子*
近世女人文人風土記
  肥前国の巻(長崎県)(佐賀県)ー山口晢子
文庫・史料館めぐり 
   ー永青文庫ー・清水貴子*
コラム  女の四国巡拝あれこれ・宮口公子   


『江戸期ひと文庫』シリーズの刊行
『江戸期ひと文庫 一番』桂文庫1999年(初1968)   1000円
江戸時代の女たちー封建時代に生きた女性の精神生活ー・柴桂子*
目次
一、江戸時代の女性観
T歴史家がみた江戸時代の女性*U江戸時代の男性による期待される女性像*V法の上から見た女性*W外国人の目にうつった江戸時代の女性
二、江戸時代の女性の精神生活
T封建的幕藩体制確立期の女性の生き方*U文学と女性*V女性の政治への関心
三、むすび
T封建制度の下でたくましく生きた女性たち

『江戸期ひと文庫 二番』    桂文庫 2000年         1000円
江戸時代の女たちその生と愛ー師弟愛・母の愛・夫婦愛・秘めた愛ー・柴桂子*
目次
一、句と仏とー極楽女志燕尼雑考ー*二、徳川慶喜の母・貞芳院吉子と奥女中西宮秀*三、「石原記」に見る大名夫人の日常生活*四、「言の葉草」に見る大名未亡人の日常生活*五、広瀬秋子*六、埋もれた勤王女流歌人、中山三屋*

『江戸期ひと文庫 三番』   桂文庫   2000年      1200円
二宮文ー父尊徳の事業に尽くした生涯ー・柴桂子*
目次
一、二宮尊徳の母と二人の妻*二、文の少女時代*三、父尊徳の協力者として*四、文の結婚*五、短い人生の終えん*

『江戸期ひと文庫 四番』   桂文庫   2002年     1200円
江戸期の女たちが見た東海道
・柴桂子*
目次
・日本橋から京都まで東海道*・五十三次を女たちの旅日記で描写*田上菊舎の宿場毎の画も旅心を誘う*

『江戸期ひと文庫 五番』   桂文庫   2003年      1200円      
江戸期・女たちが歩いた中山道
・柴桂子*
目次
一、中山道六十九次の旅*二、中山道もろもろの旅*三、女たちの善光寺詣*

『江戸期ひと文庫 六番』  桂文庫   2003年      1300円     
ジェンダーの形成と越境
ー女と男の近世・近代ー・浅野美和子*
目次
一、家族のあり方と女性労働*二、女性群像*三、宗教思想とジェンダー*

          

        

『近世女性双書』シリーズの刊行中
第一巻
後藤逸女・藻塩草ー史料と背景ー高橋傳一郎著      3800円
第二巻
史料ー木曾福島関所女手形控帳ー遠山高志  1700円

                   

           

江戸期おんな史料集一                                               平成20年1月刊
黒田土佐子著
 『石原記』『言の葉草』 (翻刻・註付)
            ー大名夫人の日記
                                    監修  柴    桂 子      桂文庫出版
                               定価3500円  B5版  378頁  
   申込先:桂文庫                    柴   桂  子(Tel・Fax03-3415-1936)
                 事務局                    大井  多津子(Tel・Fax03-3938-2789) 

 

【解題】
本書に収めた『石原記』は、柳沢吉保の幼女として育てられ、常陸国(茨城県)下館藩主黒田直邦の藩主となった土佐子の日記である。享保二年(1717)正月、江戸小石川より出火した大火で常盤橋の上屋敷が類焼した。修復の間、移り住んだ本所石原の下屋敷での一年十ケ月の間の、主に寺社近郊遊覧を綴ったもの。
『言の葉草』は、夫直邦の没後の享保二十年(1735)から宝暦三年(1753)までの、直邦思慕と日常の外出などを綴った六巻からなる日記である。